FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2021/04/06(火)   CATEGORY: 未分類
GWに読みたいチベット本
 ここ半年、チベット関連の書籍を多数寄贈戴いたものの、個人的な疾風怒濤で御礼もご紹介も遅れに遅れ、私の心の中には不義理の嵐が吹き荒れていた。このままではまずい・・と思いつつも新学期が始まってしまった。こうなったらここでやるしかない。とにかくコロナで身動きできないGWはチベットの本を読みましょう。

 最初にご紹介する二冊はいずれもチベット人の著者によるもので、1950年にはじまる中国共産党の東チベット侵攻の歴史の体験や見聞を下敷きにした小説で、物語としても面白く仕上がっている。また日本人の手になる後二冊は、前者は仏教、後者はチベットの歴史と社会について専門書と一般書をつないでくれる平易な解説書なので、概説以上のことを知りたい方、これから専門的に学びたい方は是非お手にとってご覧ください。

では、アムロ、いきまーす!
 

『白い鶴よ、翼を貸しておくれ』(ツェワン・イシェ・ペンバ(1932-2011) 著 星泉訳 書肆侃侃房)
白い鶴

 著者のペンバ氏はチベット人として初めて西洋医学を学び、英語で自伝と小説を書いた方。小説の舞台は1925年、東チベットの秘境ニャロン、主人公はこの地に宣教に入ったアメリカ人の宣教師夫妻である。彼等はニャロンの地な一定程度受け入れられるが、1950年、中国共産党の侵攻が始まるに及びすべてが終わる。タイトルの『白い鶴よ翼を貸しておくれ』は中国に護送途上青海でなくなったダライラマ6世の辞世の句からとったもの。

『ナクツァン あるチベット人少年の真実の物語 』(ナクツァン・ヌロ著 棚瀬慈郎訳 集広舎)
ナクツァン

 著者の自伝的小説。1950年代の中国共産党によるアムド(東北チベット)における弾圧の体験が反映しており、チベット現代史の研究にとっても価値ある証言である。

『構築された仏教思想 ツォンカパ』(松本峰哲著 佼成出版社)
松本哲峰

 著者は種智院大学の先生でカーラチャクラ・タントラを専門とされている方。チベット仏教最大宗派ゲルク派の開祖ツォンカパの生涯、その代表作である『ラムリム』すなわち、『悟りの道にいたるための修行階梯』についての詳しい解説書。

『チベットの歴史と社会』上巻〔歴史篇・宗教篇〕下巻〔社会篇・言語篇〕(岩尾一史・池田巧編 臨川書店)

 主編のお二人の先生は京都大学系であり、彼等の提供した場に集う"脂ののった"若手から中堅のチベット研究者が、それぞれの得意分野からチベットの様々な側面を自由に執筆した"集合体"が本書である。
岩尾本

 80年代まではチベット学の研究者は減る一方で、チベット学会の大会では発表者を探すのが大変だった。その頃私は「このままではチベットはマジで忘れ去られる。チベット学が消えてしまえば、チベットの輝かしい歴史(17世紀のダライラマの権威は宣教師をして東洋のローマ法王と言わしめていた程)と世界に誇る仏教哲学(モンゴル・満洲など帝国のトップを必ず魅了するレベルの高さ)は世界から忘却されてしまう、と不安に駆られていたが、その後、チベットを研究する学者は世界的に増加し、このように日本においても若手から中堅の学者がたくさん出現し杞憂に終わった。

 今度はこの若手・中堅が次の世代を育てチベットの精神文化が忘れ去られることのないように次代につないでいってもらいたい。
 

 
[ TB*0 | CO*5 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● トルコ外務省、中国大使呼び抗議 ウイグル弾圧めぐる30年前の発言蒸し返しに激怒
マサムネ | URL | 2021/04/10(土) 09:47 [EDIT]
トルコ外務省、中国大使呼び抗議 ウイグル弾圧めぐる30年前の発言蒸し返しに激怒
2021年4月7日(水)
トルコ外務省は、約30年前の中国によるウイグル人弾圧を批判するトルコ野党指導者らの発言を巡り中国大使館が非難する声明を出したことを受け、同国の劉少賓・駐トルコ大使を呼んで抗議した。写真はトルコの旗。イスタンブールで2007年10月撮影(2021年 ロイター/Fatih Saribas)
トルコ外務省は6日、約30年前の中国によるウイグル人弾圧を批判するトルコ野党指導者らの発言を巡り中国大使館が非難する声明を出したことを受け、同国の劉少賓・駐トルコ大使を呼んで抗議した。
優良党のメラル・アクシェネル党首はツイッターへの投稿で、中国当局による迫害に沈黙を続けることはないと発言。また、首都アンカラのマンスール・ヤワシュ市長は、1990年の「大虐殺の痛みを今でも感じている」と述べた。
これを受け、中国大使館は「中国の主権と領土的一体性に対する挑戦に断固として反対し、これを強く非難する。中国は対応するための正当な権利を保持する」とする声明をツイートした。
● 米政治理論家がトルコの無人攻撃機を称賛
マサムネ | URL | 2021/04/10(土) 09:53 [EDIT]
アメリカの政治理論家フランシス・フクヤマ氏が、トルコ製無人攻撃機は、昨年(2020年)、トルコの地域勢力としての台頭に大きく貢献したと述べた。
07.04.2021~ 09.04.2021
米政治理論家がトルコの無人攻撃機を称賛
フクヤマ氏は、アメリカン・パーパス誌に寄稿したコラムの中で、トルコ製無人攻撃機が持つ地域への強い影響力を称賛した。
「世界の外観は無人攻撃機によって変わっており、トルコはそこで主人公となった」と述べたフクヤマ氏は、トルコが製造した無人攻撃機は、リビア、シリア、ナゴルノ・カラバフで、そしてトルコ国内の分離主義テロ組織PKKに対し使用されたと話した。
トルコ製無人攻撃機の性能は非常に高いと指摘したフクヤマ氏は、
「最新のトルコ製無人航空機の性能は極めて高い。例えば、TB2は24時間空中にとどまることができ、発見と攻撃の両方を実行できる」と述べた。
シリア、リビア、ナゴルノ・カラバフで使用されたトルコ製無人攻撃機が戦場で果たした使命は驚くに値すると述べたフクヤマ氏は、無人攻撃機がアルメニア軍にもたらした損失は特に注目すべきであると語った。
フクヤマ氏は、トルコが過去数年間で製造した無人攻撃機は、今日における戦術を変えたと指摘し、
「無人攻撃機は、2020年にトルコの地域勢力としての台頭に大きく貢献した。トルコは、3つの戦闘の結果を敢然と導き、さらなる結果を生むことができると約束してもいる」と語った。
● 東京五輪
マサムネ | URL | 2021/04/10(土) 09:56 [EDIT]
トルコ人ランナー「みんな一つ」 友好の町で聖火つなぐ―和歌山・串本
2021年04月09日
トーチを手に走るトルコ出身の聖火ランナー、ドゥルナ・オズカヤさん(右)=9日午前、和歌山県串本町
 「トルコ友好の町」として知られる本州最南端の町、和歌山県串本町で9日、トルコ人女性がランナーとして聖火をつないだ。町役場で国際交流員を務めるドゥルナ・オズカヤさん(33)は出走を前に、「私が走る姿を見て、体の色や言葉、宗教の違いがあっても、みんな一つなんだということを感じてほしい」と訴えた。
 串本町とトルコとの友好の原点は、1890年のトルコ軍艦「エルトゥールル号」の遭難だ。トルコの訪日親善使節団を乗せた同艦は、同町沖で台風による猛烈な波と強風を受け沈没。住民らの懸命の救助活動の結果、乗組員約650人のうち69人が救出された。その後、犠牲者の追悼式典などを通じて友好関係は深まり、町はトルコの2市町と姉妹都市提携している。
 黒澤明監督の映画「羅生門」に感銘を受け、大学に入り直して日本語を学んだドゥルナさんは、町がトルコ人職員を募集していると知り、「日本との関係をもっと発展させたい」との思いから応募した。現在は国際交流イベントでの通訳などを担当している。
 来日した当初、町の人たちは家や家電、家具など生活に必要なものを全て手配してくれた。恩返しのため何かしたいと考え、聖火ランナーへの応募を思い立ったという。
 新型コロナウイルスの影響で東京五輪への海外客受け入れが断念されたことを、「オリンピックは世界の友好の象徴。外国の人たちが来られないのはとても寂しい」と落胆する。それでも、「町とトルコの友好という国際交流の形を、皆さんに知ってもらいたい」と期待している。
 トルコと日本の国旗を振り応援する観衆に笑顔で応え、コースを走り切ったドゥルナさん。「町民の皆さんが応援してくれたので、楽しく走ることができた」とすがすがしい表情で語った。
● チベットフェスティバル オンライン ゴールデンウィーク(5月2日~5日)のご案内
マサムネ | URL | 2021/04/10(土) 10:00 [EDIT]
チベットフェスティバルとは?
チベットの豊かな精神文化を祝い、その素晴らしさを日本の友人やサポーターに伝え、シェアします。 我々にとって、ゴールデンウィークは日本の皆様の優しさ、その愛情と継続的なご支援に感謝をするための絶好のチャンスであります。このフェスティバルを通じて、チベットと日本、この2つのコミュニティの親交を深め、互いの豊かな文化を共有し、精神的および文化的な絆を強化したいと考えています。また、このお祭りが、なんらかの形で、昨年から私達を覆うコロナ蔓延の暗闇を払拭する光になれば、と強く心から願います。
チベットフェスティバル オンライン ゴールデンウィーク
2021年5月2日(日)~ 5月5日(水)
今年はBlueJeansを利用しオンラインで開催します
◾BlueJeansから参加ご希望のかたは、以下の情報を申込先メールアドレスまでお知らせください。
1.参加イベント(下記「 スケジュール」参照)
2.メールアドレス
3.参加者名
申込先メールアドレス:tibethouse.jp@tibet.net
◾追ってミーティングIDとパスワードをお送りします。
◾BlueJeans上でのご参加は、チベットハウス会員さまを優先してご案内させていただきます。
◾Tibet House Japanのフェイスブックから、Facebook live配信でもお届けします。
1.「砂曼荼羅、その目的と意味」
◾クンチョク・シタル師 (ポタラカレッジ)
2.「入門:仏教瞑想と修行」
◾ゲシェー・テンジン・ウセル師 (高野山大学 特任准教授)
3.「チベットの宗教文化」
◾チベットハウス・ジャパン代表 TGアリヤ
4.チベット人ミュージシャンによるチベットの歌と音楽ライブ
◾~日本、スイス、オーストラリアから~
5.チベット料理クッキング
◾バター茶・パク(麦焦がし)・テントゥック(麺)
6.ビデオメッセージ
◾「チベット現地教育機関と子供達から、サポーターの皆様へ」
参加は無料ですが、お気持ちだけでもご協力いただけたら幸いです◾三菱UFJ銀行へお振込いただく場合
銀行名:三菱UFJ銀行
支店名:新宿通支店  普通預金
口座番号:2999213
口座名:特定非営利活動法人チベットハウス・ジャパン
◾ゆうちょ銀行へお振込いただく場合
銀行名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス・ジャパン
※領収書が必要な方は、お電話かメールでお知らせください。
2日(日)
◾午前11時~午後12時30分
チベットハウス代表アリヤから、開会のご挨拶と、チベットの歌と音楽
◾午後2時 ~午後3時30分
チベットの歌と音楽
3日(月)
◾午前11時~午後12時30分
「砂曼荼羅、その目的と意味」 クンチョク・シタル師
◾午後2時 ~午後3時30分
チベット料理クッキング
バター茶・パク(麦焦がし)・テントゥック(麺)
プレゼンター:ジグメとロブサン(チベットハウス・ジャパン職員)
4日(火)
◾午前11時~午後12時30分
「入門:仏教瞑想と修行」 ゲシェー・テンジン・ウセル師
◾午後2時 ~午後3時30分
ビデオメッセージ
「チベット現地教育機関と子供達から、サポーターの皆様へ」
5日(水)
◾午前11時~午後12時30分
「チベットの宗教文化」 チベットハウス・ジャパン代表 TGアリヤ
◾午後2時 ~午後3時30分
チベットの歌と音楽/終わりのことば
主催ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス・ジャパン)
〒161-0031
東京都新宿区西落合三丁目26番1号
TEL:03-5988-3576
FAX:03-3565-1360
E-mail:tibethouse.jp@tibet.net
● チベット亡命政権・アリヤ日本代表に聞く 「仏教への干渉は宗教的迫害」
マサムネ | URL | 2021/04/18(日) 09:17 [EDIT]
自由 強権】チベット亡命政権・アリヤ日本代表に聞く 「仏教への干渉は宗教的迫害」4/15(木)
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のアリヤ代表(原川貴郎撮影)
 菅義偉(すが・よしひで)首相が初の直接会談に臨むバイデン米大統領の政権は、中国に対し香港や新疆(しんきょう)ウイグル自治区だけでなくチベット自治区の人権を擁護する姿勢を強く打ち出している。15日までに産経新聞の取材に応じたチベット亡命政権の代表機関、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のアリヤ代表は、自治区の厳しい情報統制をはじめとする弾圧の実態を説明し、チベットの人権問題に日米がともに取り組むよう求めた。
【写真】中国大使館前で抗議する在日のチベット人ら
 チベット自治区では、2008年3月に中国政府の宗教弾圧に抗議する大規模な反中国デモ(チベット騒乱)が起きた後も、チベット語教育の禁止など当局の抑圧・統制が進み、抗議の焼身自殺者が絶えない。
 現在、チベットに関する国際報道はウイグルに比べて少ないが、アリヤ氏は「情報が出ていないからチベットは平和だと考えるのは間違いだ」と訴えた。自治区の区都ラサは、いたるところに警察署が設けられている上、住民が相互に監視し合う制度もつくられ、1960~70年代の文化大革命を彷彿(ほうふつ)させる統制社会になっているという。
 中国がチベット仏教の高僧選びなど仏教の伝統に介入していることには「宗教的な迫害だ」と批判した。
 その上で、「世界中で大事にされている価値観、子供たちのために、国際社会が団結して中国の政権に行動を変えさせなければならない」と訴えた。訪米する首相には「チベットの人権問題についてバイデン氏と認識を共有し、日米でともに取り組んでもらいたい」と求めた。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ