FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2020/01/19(日)   CATEGORY: 未分類
リンリン7世が来日します
 リン=リンポチェ7世(以下リンリン)が来日される。当代7世は1985年生まれの35才であるが、この方はとにかく前世がすごい。先代リンリン6世は、ダライラマ14世が6才のみぎりから、リンリン6世が亡くなる1985年まで42年にわたりダライラマ14世の師僧として、一番身近でダライラマを導き教育してきた大学僧なのである。
リンリン6

 1959年に24才のダライラマ14世は中国からインドに亡命し、チベット本土は中国の完全占領下に入った。
ダライラマの属する宗派ゲルク派の本山であるガンデン大僧院は徹底的に破壊しつくされ、当時の95代ガンデン座主(ゲルク派の最高位僧)は1964年に中国の牢獄で亡くなった。その直後に始まった文化大革命の間、僧侶は還俗するか、牢獄に入るかを選ばされチベット文化の根幹をなす仏教は壊滅した(今あるものは別の建物に転用されてかろうじて残ったか80年代以後に再建したもの)。

 ダライラマ14世は、亡命直後より、長期戦を覚悟し、難民となった僧侶たちに今まで通り仏法の研究を行うように命じた。その後、インド各地に居留地が形成され、その中心には学校と僧院を配置し、この二つによってチベット難民たちは異国の地でチベット人性を保っている。ガンデン大僧院もインドのカルナタカ州に再建された。
 このチベット仏教復興の流れの中で、96代のガンデン座主に即位したのが、何を隠そうリンリン6世であった。

 本来ガンデン座主には任期があったのだが、リンリンはダライラマの師僧ということであまりにも偉すぎるので、任期ははずされ、次期ガンデン座主のポストであるチャンツェ法王・シャルツェ法王の座も、それが存在することがリンリンに対して失礼だということで、廃止された。リンリン6世は疑いなくダライラマが最も尊敬していた師僧であった。猊下のあの愛に満ちた性格と仏教に対する該博な知識はリン・リンポチェもその形成に深くかかわっていらっしゃるわけで我々にとっても非常に恩のある方である。
Ling-Rinpoche.jpg

1985年生まれの当代のリンリン7世は、その前世からの強い縁により、ダライラマ14世自らが識別し・認定し、沙弥戒・具足戒もすべて手づから授けた。5才で三大僧院のうちの一つデプン大僧院ロセルリン学堂に入門し、2016年に仏教博士号を取得し、翌4月には密教を学ぶためにギュトー大僧院に入門した。チベットの僧院では博士号を取得した僧侶には、教育者になる、隠棲者になる、上の位階をめざすため密教の修行を行うという三つの道が示されるのだが、ギュト密教学堂に入門したリンリンはつまり、上をめざすコースにのっている。

 チベットでは著名な転生僧でかつ博士の学位をとれる頭脳をもった僧侶は、その知名度と頭脳で人々を集めることが期待できるため、伝道にいくことが推奨される。なので、とびきり有名な前世をもつリンリンも、博士号を取得した2016年以後、イスラエル、モンゴル、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、日本など各地をまわって法話会をしている。

 つまりリンリンは同世代のクンデリン=リンポチェとともに、ゲルク派の若手のホープなのである。来日の詳細は以下をご覧ください。転生者に選ばれた経緯などをお話されるそうで、転生僧文化に目のない私はここは聞きに行かねばと思っています。

●『リン・リンポチェ7世来日と在日チベット人とチベット支援者の会』のご案内
◆日時:2020年2月9日(日)15時~16時
◆ 会場:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス・ジャパン)
◆ 会費:無料
◆ 主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス・ジャパン)
申し込みはこちらから 

●リン・リンポチェ師7世による勉強会『先代のリン・リンポチェの転生者として認定された際の方法』および『慈悲の心を高める瞑想の方法と実践』のご案内
◆日時:2020年2月11日(火) 10時~15時30分
◆ 会場:大本山 護国寺 桂昌殿
◆ 参加費:午前の部:5,000円  午後の部:5,000円
◆ 主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス・ジャパン)
◆ 協力:大本山 護国寺
申し込みはこちらから 
[ TB*0 | CO*4 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 二題(ザナハザル、米下院、チベット人権法案を可決)
マサムネ | URL | 2020/02/02(日) 10:22 [EDIT]
余寒お見舞い申し上げます。
コロナへの予防万全になされて、ご自愛下さい。

新モンゴル紀行―ザナバザルの造りし美仏のもとへ―
菊間潤吾/著
17~18世紀初頭に活躍したモンゴルの活仏ザナバザル。彼が制作した美しく妖艶な仏像群を現地で特別撮影。ゆかりの寺院、美術館にその魅力と歴史を訪ねると共に、活気あふれる近代的な首都の楽しみ方、ホテルや買い物事情、そして大草原と遊牧民の生活まで、旅のスーパーバイザーがご案内する初めての本格ガイドブック。

5歳の時にハルハ・モンゴルのジェブツンダムバ・ホトクト1世として即位したザナバザル
https://montsame.mn/jp/read/141142
法衣、読経、建築、チャム祭などをモンゴルの生活や遊牧民の根本思想に調和させ、モンゴル仏教を確立した功労者である。ザナバザルが考案した「ソヨンボ」は現代モンゴル国の象徴として国章となり、国旗のデザインにも採用されている。このように幅広い分野で発揮されたザナバザルの才能は数え上げれば際限がないのである。ザナバザルは「辺境のため文化の影響が届かないハルハ・モンゴルの光となり、あらゆる災難から救済し、庶民に安寧をもたらす祈りによって」誕生したと史料に記されている。

米下院、チベット人権法案を可決  中国に圧力
2020.1.29【ワシントン=平田雄介】米下院本会議は28日、中国チベット自治区での人権や宗教の自由などを擁護する法案を賛成392、反対22の圧倒的な賛成多数で可決した。米メディアなどが伝えた。
法案はチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の後継者選出に介入した中国当局者に対する制裁などを規定。同自治区ラサへの米外交施設設置を中国政府が認めるまで、米国内での新たな中国領事館設置を認めないことも盛り込んだ。
昨年11月の「香港人権民主法」成立、同12月の「ウイグル人権法案」の下院可決に続き、中国当局に圧力をかけた。
https://www.sankei.com/world/news/200129/wor2001290015-n1.html
● コロナお見舞い
マサムネ | URL | 2020/02/08(土) 10:43 [EDIT]
新型肺炎、中国の“衝撃”惨状 感染者「27万人以上」予測も…習政権は“隠蔽”に奔走、「国賓」来日に潜む危険
2/4(火)
武漢市からのチャーター機3機で日本に帰国した計565人の中に、感染者は8人いた。感染割合は1・5%弱となる。武漢市の人口は約1100万人なので、16万人以上が感染してもおかしくはない。
しかも、中国政府が隠蔽に奔走していた間に、北京や上海はじめ中国全土にウイルスが拡散してしまった。英BBCは先月31日、「チベットでも感染者が確認されたことは、中国すべての地域にウイルスが到達したことを意味する」と報じた。
中国事情に精通するノンフィクション作家の河添恵子氏が、大手メディアが伝えない「衝撃の裏情報」に迫る緊急寄稿第2弾-。

n. | URL | 2020/02/24(月) 18:29 [EDIT]
マサムネ様
コロナは気になりますが、仕組みは複雑で、危険なウイルスとタシルンポ僧院から注意を受けました。
リン・リンポチェより、自分でマスクを付けるなど対応するようにとも指示がありました。
私も大変ですが、以前東照宮に日本風水の指示を出しましたが、結局は私の資金不足で中国風水が次に入りました。継続出来ないからでした。
コロナウイルスは、宗派の争いから出たのではないかと私は考えて観察しています。難しい問題です。我が宗派に布施を、という難しい問題があるようです。私は特に天皇陛下に雇われる家系が母からあり、複雑です。
地鎮祭をチベット仏教から学ぶと良いような気がします。
● koron.a
マサムネ | URL | 2020/03/01(日) 17:30 [EDIT]
新型コロナは「人工的に作られた可能性あり」=台湾の学者
2/22(土)
(台北中央社)台湾大公共衛生学院の方啓泰教授が22日、新型コロナウイルスについて、学術的には人工的に作られた可能性があるとの見方を示した。結論に至るには詳細な調査が必要だとしている。もし事実であった場合、自然界で存続することは難しく、全ての患者が治癒すれば消失するという。

この日は、新型コロナウイルスや公衆衛生をテーマにした台湾公共衛生学会主催の講座が台北市内で開かれ、方氏は講師の一人として講演した。

新型コロナウイルスをめぐっては、中国の研究所で人工的に作られ、それが外部に流出したことを疑う声が上がっている。方氏はこれについて、中国科学院武漢ウイルス研究所には危険性の高いウイルスが保管されているが、所内の管理状況には多くの欧米の学者が前々から疑問を抱いていたと指摘した。

その上で新型コロナウイルスに言及し、コウモリの身体に見られるコロナウイルス(RaTG13)と96%一致することがこれまでの研究で判明しているが、ウイルス学の観点に立てば99%以上でなければ一致とは見なせないとした。

また、他のコロナウイルスにはない4つのアミノ酸残基が含まれていることをフランスの研究チームが発見したと述べ、進化における突然変異でこうなる確率は非常に低く、実験室の中で人為的に加えられた可能性が考えられるとの見解を示した。

方氏はこの見解について、今は学術上の理論でしかないと強調。これを証明するためには実験室で証拠を探すなど内部調査が必要であり、短期間には答えは出ないだろうとしている。

(陳至中/編集:塚越西穂)


韓国高校生は「反日教育」に反対します〈日本をひたすら貶める授業や行事──。僕らはもう耐えられない! 〉/金花浪、崔仁鎬――文藝春秋特選記事【全文公開】
1/17(金)
文在寅政権の反日的な挙動が続く中、ソウル市の仁憲(インホン)高校の生徒が、「学校から反日行為を強要された」として抗議するという異例の事態が発生した。同校の生徒150人はソウル市教育庁に「学校の監査」を求める請願書を提出。さらには、生徒らが学校の「反日教育」を批判する会見まで開き、韓国内でも大きな話題となった。

 今回、同校3年生で、生徒たちが立ち上げた団体「仁憲高校学生守護連合」の代表である金花浪君とスポークスマンの崔仁鎬君の二人が初めて日本メディアの取材に応じ、弁護士同席のもと、反日教育の実態を赤裸々に語った。


“世界に謝罪を”中国のTVキャスター投稿に批判殺到
2/28(金)
非難を浴びているのは、中国中央テレビの邱孟煌キャスターです。そのコメントの内容はSNSに「我々は申し訳ないという気持ちを込めて柔らかい口調でマスクをしたまま世界に向けてお辞儀をし、『すみません、迷惑を掛けました』と言わなければならないのではないか」と投稿されていました。中国国内で最初の発症確認から2カ月半。死者は2700人超え。この悲惨な状況に対して発信したとみられるコメント。しかし、批判する声が相次ぎ、コメントは削除されました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ