FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2019/07/28(日)   CATEGORY: 未分類
パリで国際チベット学会 ②強烈な欧米人研究者列伝
■1979年開催の第一回国際チベット学会

今年は国際チベット学会(IATS)が創立40周年を迎えた。開会式ではオスロ大学のクヴァルネ教授(Per Kværne)が、1979年の第一回国際チベット学会の集合写真を映し出して思い出話をした。それによると、はじまりは、1977年のこと、マイケル・アリスとクヴァルネが二人でワインを飲みながら、「若いチベット研究者がジャンル・国籍関係なしで交流・発表できる場を作ろう」とこの学会を構想し、SNSのない時代対面で一人一人に構想を伝えて13人を集めて計画を始動した。
iats1976.jpg

そしていよいよマイケル・アリスがホストとなって第一回IATSが、オックスフォード大学で開催された。賓客としてはチベット最後の日々を目撃したチベット学者ヒュー・リチャードソン(1905-2000)を迎え、55人が集まり、今と同じく会費なし、発表言語も自由のゆるい会であった。本会は開催される度に規模が大きくなり、今年は20ヵ国以上600人が発表を行った。

 国際チベット学会の発起人となったマイケル・アリスはすでに故人である。今回の会はチベット史家のエリオット・スパーリンクが死んで最初の国際チベット学会でもあった(写真の前列中央)。この二人は人権活動家として知られ、強烈な生涯を送っている。本エントリーでは彼ら二人の人生をしのびつつ、チベットを研究するとこうなる人って結構いるんだよね的な話をしたいと思う。

■IATSの発起人マイケル・アリス(1946-1999)の激動の生涯

 故マイケル・アリスはチベットの研究者であるばかりではなく、ビルマ建国の父アウンサン将軍のお嬢さんでビルマ民主化の指導者であるアウンサン・スーチーさんの夫である。

 スーチーさんのお父さんは彼女が二歳の時に政敵に暗殺され、お母さんは独立ビルマの大使としてインドに赴任したため、スーチーさんは15才から海外暮らしとなる。1962年、ネウィン将軍のクーデターによりビルマは軍事政権に舵を切り、経済の停滞がはじまった。スーチーさんは1964-67年にはオックスフォード大学のセント・ヒューズ・カレッジ (St. Hugh's College) に留学し、卒業後はニューヨークの国連事務局行政財政委員会で書記官補を勤めた。折りしも、国連事務総長はビルマ人のウ・タントであった。

 一方のマイケル・アリスはブータン王家の英語教師の募集に応じて、1967〜73 年、ブータン図書館に勤務していた。1971年、ブータンにきたスーチーにマイケルがプロポーズをし、二人は結婚した。結婚に際してスーチーさんは旧宗主国の男性と結婚することにより、自分のビルマに対する愛をビルマ人が疑わないかとずいぶん悩んだという。しかし二人は仲が良く二人の男の子にも恵まれ、マイケル・アリスがオックスフォードで第一回国際チベット学会を開催したのは次男キムがうまれた二年後のことである。
67221094_10212380454060597_6080145034965942272_o.jpg

 二人の幸せな生活は1988年、スーチーさんの母が発作で倒れたことによって終わりを告げる。スーチーさんが母の看病のためにビルマに帰国したところ、ラングーンは民主化運動のうねりの中にあり、民主化勢力はスーチーさんに運動への支援を求めた。スーチーさんは父が政治闘争の中で暗殺されたこともあり、政治に関与することに当初逡巡したが、結局民主化運動の先頭に立つ。建国の父の娘であり、美人で弁のたつスーチーさんが演説すると、国民は熱狂した。脅威を感じた軍事政権は「民主主義はイギリス人の思想であり、彼女はずっと外国にすみ外国人と結婚した売国奴である」と宣伝し、スーチーさんを意図的に『アリス夫人」と呼び、建国の父アウンサン将軍とのつながりを否定しようとした。

 1988年8月8日、後に8888 蜂起と呼ばれるビルマ全土に広がった民主化の動きは、軍事政権によってつぶされ数千人が命をおとした。ビルマ版天安門事件である。翌、1989年、東欧の社会主義政権がドミノ式に倒れ、ダライラマ14世がノーベル平和賞受賞した年、軍事政権はいっそう硬化し、スーチーさんは軟禁され、民主化を要求した学生たちも逮捕された。逮捕された学生たちが監獄で拷問にあうことを懸念したスーチーは、自分を監獄に送るように要求し、軟禁中の自宅でハンガーストライキを始めた。

マイケル・アリスと二人の息子はビルマに飛び、ハンストするスーチーさんにつきそった。スーチーさんに何かあれば国際社会もビルマの国民も軍政を非難することは明白であったため、軍政は監獄内の学生の待遇改善を約した。スーチーさんはハンストを停止し、マイケル・アリスと二人の息子はイギリスに戻った。

 翌、1990年5月27に スーチーさんが軟禁中であるにもかかわらず、彼女の率いるNLDは総選挙で地滑り的勝利を得た。ここで軍事政権は予想外の結果に狼狽し選挙の結果をなかったことにし(笑)、スーチーさんの二人の息子にはビルマのビザがおりなくなり、イギリスの家族とスーチーさんの間の連絡は途絶えるようになった。軍事政権は「夫と息子に会いたいならイギリスへ帰れ」との無言の圧力をかけてきたのである。

 翌、1991年のノーベル平和賞はマイケル・アリスの奔走により、スーチーさんに贈られた。受賞式にはマイケル・アリスと二人の息子がかわりに出席し、スーチーさんがそれでもラジオくらいは聴けているかも知れない、もしそうなら息子の声を聴きたいだろうと、二人の息子がノーベルスピーチを行った。
1289750401000.jpg

 1993年 ダライラマ14世を含む7人のノーベル平和賞受賞者がスーチーの解放を要求してビルマへの入国を試みるも拒否される。7人はビルマ難民キャンプを訪れ支援を表明。そのままジュネーブにとび国連人権委員会アピールを行った。
 1997年 マイケル・アリスが前立腺ガンと診断され、国連のコフィ・アナン事務総長、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世、アメリカ政府がマイケル・アリスのビザ発給をビルマ政府に申請したが軍政は認めず、再会が叶わないまま1999年3月27日、マイケル・アリスは享年53才で激動の人生の幕を閉じた。

 結局、スーチーさんの自由が実現するのは、2012年のことであった。国際的に孤立したビルマにおいて中国の影響力がまし続けたことに危機感を感じていた軍事政権は、この年民主化勢力に[形だけの]譲歩をはじめたのである。やっと出入国の自由をえたスーチーさんは20年ぶりのノーベルスピーチをオスロで行い、ダライラマ14世との会合も果たした。

 現在スーチーさんはロヒンギャ難民問題で国際的な非難をあびているが、軍人議員が優勢な議会において、ビルマの人々のほとんどはロヒンギャをビルマ人と認めていないという状況下で、スーチーさん一人を責めるのはあまりにも酷であると思う。
 
 人権活動家のチベット史家 エリオット・スパーリング(1951-2017)

 開会式では前回の学会の開催以後になくなったメンバーに対して黙祷も行われた。その面々の中でも圧倒的な不在感をかもしだしていたのは前述したエリオット・スパーリングであった。彼はどこにいても目立つ人であった。学者としての業績はむろんのこと、黒いシャツ、黒いサングラスというアレなファッションに、忌憚ない発言、そのうえみごとな×ゲ、彼はチベット支援のいたるところに顔を出していた。
C45tsE1UYAMKLbo.jpg

 彼の人権を守るための活動はチベット人に留まらずウイグル人にも及ぶ。2014年、中国当局に逮捕されたウイグル人の経済学者イリハム・トフティ氏を擁護したことから、中国に入国禁止となった。その三年後、インディアナ大学を引退したエリオットはニューヨークに居を定め、チベット人支援に本腰をいれようとしていた矢先、66才の若さで急死したのである。一人暮らしのエリオットの死を最初にみつけたのはイリハム・トフティ氏の娘であった。

 2014年7月7日に、エリオットが中国への入国を拒否されアメリカに送還された時、彼はバッテンがつけられた自分のビザをニューズ・ウィークに公開し、「私はこのビザを中国共産党人権賞と呼んでいます」といい、「[北京政府の入国禁止の]ブラックリストからはずれる手段があるのかはわからないが、私は自分の行動を変える理由をみいだせない。」「私は声高に異議を唱えたことは認めるが、それ以外、何も悪いことはしていない。そして、ビザを得るために北京の権威主義に従う意志もない」と言い放った記事をみて、「ああ、彼、絶好調だな」と思ってたらその二年後急死してしまった。エリオットに捧げられたパネルは、みなが最後に彼との思い出を語っていてほろりとした。
Br3yCrRCQAE6DnF.jpg

 マイケル・アリスにしろ、エリオット・スパーリングにせよ、象牙の塔の中にこもることなく、あえて厳しい現実に関与し、ビルマや中国の民主化に挺身したことは、特筆すべきことであろう。

 思えば第一回国際チベット学会に参加した「若い」研究者たちは、みな1959年にチベットの亡国を目の当たりにし、難民となった若き日のダライ・ラマの言動と行動に感化され、ともに年を重ねていった人々である。思えばダライラマ14世も、静かな場所で仏教の研究と修行にうちこみたい人であったが、実際はチベット人のため、仏教のため、世界中の救いを求めている人々のために、現実世界へ関与する人生を歩むことになった。それを考える時、ダライラマの人生がチベット研究者の人生にも同期したと解釈することもできよう。

 国際チベット学会が巨大化し、当初のような情報交換、親睦の機能が低下してきたため、最近は若手チベット学者会議が、本会議の間に開かれ、国境をこえた交流を深めている。かれらは団塊の世代の子供世代なので、数も多く一つの勢力となっている。願わくば彼らも親世代同様、チベット学や研究対象であるチベット文化本体が消滅していかないようにそれぞれのジャンルで業績をだしてほしいと思う。
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2019/08/01(木) 10:45 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● Re: ポタラ宮伝について
白雪姫 | URL | 2019/08/01(木) 11:32 [EDIT]
> ずいぶんご無沙汰しております。写真家の松本榮一です。
> 先生にポタラ宮の本の発刊について一度ご相談させていいだきたく、メールさせていただきました。
> 僕は最初の時代に写真家としてチベットに入りました。1981年でした。そしてボタラ宮の撮影を許可されました。撮影としては不十分でしたが、ご承知のようにそれから誰も許可されていません。それはルントック代表がよくご存知です。
> 様々なカットで、およそ400枚ほどあります。
> 石濱先生のチベット近代史と僕のポタラ宮の写真を合わせて、一冊にまとめることはできないでしょうかというご相談です。
> 法王様もご高齢になられました、ご存命のうちに世に出すことができればと願っております。一度お目にかかってお話ができればと願っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
> もし可能であれば8月に都内のどこかでと希望しております。
● Re: ポタラ宮伝について
白雪姫 | URL | 2019/08/01(木) 11:33 [EDIT]
 こみいった話になりますので、そちらの固定電話の電話番号といつかけてもいいかについてご連絡ください。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ