FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2020/05/15(金)   CATEGORY: 未分類
コロナ禍のダラムサラからのメッセージ
ダラムサラにおすまいで中央チベット政権の厚生相で働いていらっしゃるSKさんからFB経由でメッセージを戴きました。ダライラマ法王事務所の新代表の動向、ダラムサラのコロナ防疫の様子などが記されており、ダライラマ法王やチベット難民社会をの状況などを心配されている方に裨益する情報になると思いまして、ご本人の承諾をえて以下に公開させて戴きました。
 

石濱先生 

ご無沙汰しております。おかわりありませんか。

日本は少しずつ緊急事態解除のご様子。少しずつ終息するといいですね。インドは、これからが本番です!(加えてデング熱とマラリア)

法王事務所の新代表のツェワン・ギャルポ・アーリアさんですが、手続きは全てこれからですので、あと3ヶ月近くはダラムサラ勤務です。
昨日も一昨日も、バリバリDIIRで働いていらっしゃいます。(今すぐ抜けられたら困る状況です)

ルントックさんとは7月下旬くらいに交代ではないでしょうか。
[ルントックさんは]デラドゥンにご自宅がおありですので、早くインドに帰りたいと思っていらっしゃると思います。

デリー準政府が、感染者を含めた地方出身者をドンドン故郷に送り返し始めたため、まだまだ先が見えません。
これから中東の出稼ぎインド人が続々とインドに帰ってきますので、その前に地方の人は地方に…という考えなのだと思います。海外の人たちがインドに入れるのは、8月以降ではないでしょうか。

チベタンコミュニティーの学校は、1月2月の冬休みを含めて、ほぼ5ヶ月半連続のお休みとなっています。
中学生以上は、ようやくオンライン授業が始まりました。


主人はコロナ一色の生活を送っておりますが、チベットコミュニティーは、かなり厳しい制限を行っています。
と言いますのも、ダラムサラで一番最初に感染が分かり、かつ亡くなった方は、アメリカ帰りのチベット人高齢男性でして、恐らくそのせいでダラムサラのあるカングラ郡がインド政府より早くロックダウンとなりました。

現在は、インドのチベット人居留地32+αでコロナセンターを設けていまして(インドの各州にも同様のものがあります)、感染者(今のところいません)や移動後の28日間要を経過観察対象者を隔離できるようになっています。そして、CTA(中央チベット政権)から、チベット人は6月5日まではロックダウン(都市封鎖)とカフュー(外出制限)を行うこととなっていまして、皆静か~に一応暮らしています。

私の住むダラムサラのメンツィーカン(医学・暦学研究所)は、製薬工場(マニリルプもここで!)があるためかさらに厳しく、一般住民は、塀と門で囲まれたメンツィーカンの広い敷地から出てはならず、3月下旬からは私もメンツィーカンの外に一歩もでていません。

大学の購買の3分の1以下の小さな商店と、メンツィーカンのセキュリティスタッフが大量に購入してくる野菜を購入して、過ごしています。窮屈かと思いきや、全然快適な毎日です。気持ちの上での断捨離といいますか、必要以上に物を買うことがないため、非常にすっきりとした生活を送っています。

今週末には、法王様のオンラインティーチングがあるようですが、法王様はずっと籠っていらっしゃいまして、CTAから連絡をとることもないようです。法王庁からCTAへの連絡もなしです。
非常にお元気でいらっしゃると聞いています。

私は、日本人学校の先生たちのサポート、内務大臣宅で生まれた子犬の世話(託児所ならぬ託犬所)、とんびの餌付け、バラの花びらを集めて乾燥させる…(我が家で読経する際にお香と一緒に焚きます)で、忙しくしております。

インドは、5月18日からロックダウン第4期に入ります。期限を設けていませんし、中東や世界各地の出稼ぎインド人をインドに戻す計画が進行中ですので、まだまだ8月か9月まで何らかの封鎖が続きそうです。来月には、デング熱や今年罹患者が多いマラリヤの患者さんが増えますので、大都市に住んでいなくてよかった、と正直思っているところです。

モディ、なかなか上手に国民を転がします。

2020年5月14日(木)7:42


最後に以下のリンク先ではダライラマ14世のコロナでなくなった方苦しんでいる方を慰めるための読経がきけます。

[ TB*0 | CO*6 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ