FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2019/12/25(水)   CATEGORY: 未分類
米下院外交委員会でチベット支援法案可決
一年をしめた後で、あれですが、12/18 アメリカ下院の外務委員会において、チベットの人々の市民的・政治的権利をアメリカの政治の俎上にあげ、かつ、アメリカの外交がチベットへの支援をより深めるための法案、「チベット政策及び支援法案」the Tibetan Policy and Support Act (HR 4331)を超党派で可決した。
 原記事はこちらをご覧ください。

US-House-Foreign-Affaires-Committee-Tibet-2019.jpg
 この法案の通過を教えて下さったのは海外在住のSくん。彼曰く、アメリカ議会で立て続けにウイグル、香港、チベットと人権法案が可決したのは、アメリカの国技NBAを中国が踏みにじったからではないかとのこと。

 確かに、NBAの「ヒューストン・ロケッツ」のゼネラルマネージャー(GM)が、香港デモを支持するとツイートしたら愛国中国人の批判が殺到したので、あわててNBAが謝罪したが、中国様は、提携解消やヒューストン・ロケットの試合放映を中止など『オレサマに逆らうとどうなるか」と反応。

 これに対して、今度はアメリカの議員が激怒。チャイナマネーほしさに、言論の自由や民主主義といったアメリカの精神を売るのか? と猛烈にNBAを批判している(ニューズウィークの記事はこちら)。

 数々の人権法案が立て続けに下院を通ったのは確かにその直後からだ。

企業は株主の顔をみて生きる存在なので、お金の匂いのするものに逆らえない。ディズニーもアップルもザッカーバーグも、マリオット・ホテル・チェーンもみな中国に下手にでている。悲しい限りである。アップルのCEOは中国の名門大学精華大学ビジネススクールの顧問である(記事はこちら)。

 大企業が自主規制によって中国に対する批判を控えるにようになれば、中華帝国主義がいよいよ世界を席巻する。それに対抗するには、世界中が目先の利益よりも大切なものについて、横の繋がりをもって連帯すべきなのだが、トランプみたいな指導者が世界中にあらわれ、普遍的価値よりも国益とかいう私益のみを唱えているのでもう末期的。

 明らかに自然も政治も狂っているのにみなその根本的な原因から目を背けて、喧嘩ばかり。
来年はもう少し人類が正気に戻ってくれるよう、

May force be with you
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ