FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2016/12/29(木)   CATEGORY: 未分類
「祖国の土が子供たちのもとに届く」
クリスマスの夜、目黒川のイルミネーションを尻目に、非リア充は亡命チベット人監督テンジン・チョクレーによるドキュメンタリー bringing Tibet home (原題 pha sa bu thug「祖国の土が子供たちのもとに届く」2014年)を見に行く。

 途中、平成24年に目黒川のほとりに閉館となつた「川の資料館」を発見して暗澹たる気持ちになる。都内ですらこの手の資料館が閉館しているなら、淡路島歴史資料館のてこ入れなんて夢のまた夢である。

 監督は韓国で映画の勉強した人であるという。何かそのような話を聞いた気がするのでメールを検索すると、Kくんのニューヨークからのメールで、この監督が日本にくるのでその時、この作品を日本で上映できないかという問い合わせがあった。しかし、その日程があまりにビジーだったので日本語字幕をつけるのが間に合わないだろうと答えたような気がする。そうか、あのドキュメンタリーか。

 あらすじはこうである(盛大なネタバレをします)。

 詩人で現代芸術家のテンジン・リクドル(1982-)は亡命チベット人二世だ。両親は1959年にヒマラヤをこえて亡命し、ネパールでリクドルら兄弟を生み、アメリカに移住した。しかし、父親が癌宣告をうけ、「チベットに還りたい」といいながら死んでいく。リクドルは父親と同じく、チベットへの帰還をねがいながらも果たせない亡命チベット人たちのために、一つのパフォーマンスを思いつく。

 それはチベットの土を20トンネパール経由でインドに運び出し、亡命チベット人たちにそれを踏んでもらい、その反応をみようというものである。

 で、リクドルは少年期をすごしたネパールに向かい、幼なじみのトゥプテン(ネパール在住)をコーディネーターとしてプロジェクトを始動する。しかし、当初「簡単だ、四日でつく」と言われた土はえんえんと到着しない。

 聞けば、国境外に土を運び出す許可がとれず、さらに、中国がチベットを併合した17ヶ条条約締結60周年のせいで国境警備が厳しくなっているからだという。

 リクドルは「四日ですむといっておきながら、なんでこんなに時間がかかるんだ!」と苛立つが、たしかに仲介業者もいー加減だが、土の輸出入の可否とか、検疫とか関税とか何も調べていないリクドルもいー加減ではないか(少なくとも日本は外国の土はもちこめないとのこと)。

 そして結局、土を小分けにして、密輸業者にワイロをはらって国境の川をまたぐ密輸ワイヤーをつかってネパール側にもちこむことに成功する。私はこれを見て、「こんな苦労するくらいなら、土はあくまでも象徴なのだから、日本のお砂踏みみたいに少量でよくて、みなで行列になって順々にふめばいいのではないか」と思った。

 しかし、そのようなつっこみをすべて覆す展開がラストにまっていた。

 トラックにつんだ " チベットの土"はネパールに入ってから、別の袋につめかえられ、増水した川に足止めされたりとしつつも、50の検問を突破してようやくダラムサラについた。そこは亡命チベット人の政府機能の中心地であり、ダライ・ラマのいる場所である。

 リクドルたちは「Our Land Our People」という横断幕を町に貼り、翌日のイベントを告知し、会場となるチベット子供村のバスケットボール会場に20トンの土をひろげる。

 Our Land Our People! これはダライラマ14世が亡命直後の1963年に血の涙を流しながらつづった自伝My Land My peopleチベット我が祖国へのオマージュではないか!

 イベントの行われた2011年10月26日の朝、リクドルは「チベットの土」を手に捧げて、ダライ・ラマを表敬訪問した。ダライ・ラマは「中国の知識人は真実を知れば私たちの味方になってくれる。中国人の協力なしにはチベット問題は解決しない」といいながら、土の上にチベット文字で「bod(チベット)」と記した。
テンジンリクドル少女

 イベント会場においてはダライラマのご真影が中央に飾られ、チベットの旗がひるがえり、ロプサン・センゲ首相の挨拶などがなされ、BBCもきて(テンジン・リクドルはロンドンのLossi Lossi 美術館と協力してこのイベントを行っている)なかなか盛大なことになっている。

 しきつめられたチベットの土のまわりで、チベット子供村の子供たちがお遊戯を始める。その歌詞は
「私たちは一生懸命勉強して、一生懸命勉強して、チベットの地にかえります。チベットの地に還ります」この時点で涙腺がゆるんでくる。まずい。

 それからみなが次々とチベットの土をふみ、その感想をマイクを通じて集まった人々に届ける。
 小学校低学年くらいの小さな女の子がしゃくりあげながら「すべての亡命チベット人がいつかチベットの地に還れますように」というと、マイクをもっていた若い女性もいっしょにもらい泣きをし、みな感極まる。
テンジンリクドルダライラマ

 リクドル「チベットから土をもってくる時、あんまり大変だったので、もしこれが最初からわかっていたらいろいろ考えすぎてしまったかもしれません。この土は私たちチベット人と同じ。中国人に追われて国境をこえるまで転々としながら、時には違法な仲介業者にお金をはらって国境を越えねばならない。祖国が植民地化された私たちには居場所がありません。祖国にも亡命先にも世界のどこにも安住できる場所はありません」

 実際、ここ数年ネパールは、経済的に膨脹した中国によって完全にコントロール下にいれられ、亡命チベット人が暮らしづらい社会となっている。

 このドキュメンタリーでもリクドルは「自分が住んでいた子供の頃よりもネパールがギスギスしている。チベット人街への警察の監視が厳しい。」「中国人はネパール国境30キロ圏内ではチベット人を逮捕できるらしい」「国境近辺にはチベット語をしゃべる中国のスパイがたくさんいる。やつらは非常にソフトににこやかに接してくるが、こちらの情報をとりにきているから注意しろ」みたいな話がそこここにでてくる(今はさらにギスギスしている)。実際、ネパール在住のチベット人は動ける若い世代からカナダ、アメリカへの移住を続けている。

 リクドルの手足となって国境での交渉に当たった幼なじみのトゥプテンはネパールに住んでいるのによく顔出しできるなあと感心していたら、後でSFT Japanの人に伺うと、そのまま彼は亡命したそうな。

 話をイベント当日に戻すと、「祖国の土」は三日間展示されたあと、自由に持ち帰れることになった。チベット人たちは、甲子園の球児たちのように土をペットボトルや袋にいれて、各自自分の家に持ち帰った。20トンの土はまもなく跡形もなく消えた。

 「お砂踏み」程度の土の量ではこの需要にこたえることはできず、この光景を見られなかったことを考えると、リクドルの無計画さも意味をもつ。合理的な判断が必ずしも正しいわけではないのだ。

 リクドルは「このプロジェクトは、亡命チベット人がいつかは故郷に帰ることができるという吉祥の証である」とあつく未来を語っていた。中国がきめた国境とか、関税とか、権益とか、規制とか、それらをこえてもちだされた祖国の土はたしかにプライスレスなものとなっていた。

 このドキュメンタリーのサイトと、当時のBBC記事をつないでおきます。
[ TB*0 | CO*6 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ