FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2012/01/14(土)   CATEGORY: 未分類
年が改まっても改まらないもの
 私のゼミ生の内、卒論提出を予定していた学生は「一応」全員卒論を提出した。また、院生Mも奇跡的に修論を提出できた。とりあえず、学問の神様に感謝したい。

 院生Mについては、正月二日に高田馬場駅前のエクセルシオール・カフェであった時には、たった一章分しか仕上がっておらず、その五日後に提出できたことは21世紀の奇跡といっていい。

ろ 提出日最終日には彼のケータイには三十分おきに先輩から確認の電話がかかってきたそうで、私のところには一時頃「今から提出にいきまーす」という電話があったので、安心していたら、原稿のサイズをA4なのに、彼は「A3でうちだして半分におって製本すればA4になる」と勝手に思い、事務所で拒否され、もう一度セブンイレブンで印刷しなおして提出したのは、事務所閉室時間三分前。

 刑事ドラマか!

 卒論提出学生の一部も相変わらずどうしようもなくて、年末に卒論の指導日をつくったのに、有馬記念を優先してこなかったやつ、「パーティー・ピープルの政治行動」という題でアンケートをとるようにいった学生は暮れもおしつまって電話がきて「先生みなパーティに夢中でアンケートに答えてくれません。無理です。意味が分からないといわれました」。今までやってきたことは何だったのか。もちろん卒論内容もひどいもの。

 私はこの学生に六年間倫理を説いてきたが、まるで壁に向かってしゃべっているようだった。そして、今日も変わらず快楽原則に忠実な日々を送っている。彼曰く「先生の言うことをもっともだと聞こうとする自分と、勝手にやりたい自分が二人いるんですよね」と。

 K太はいつもこの学生をかばって「でも、先生コイツこれでもずいぶん人間になってきたんですよ」

 妖怪人間か!

 年が明けてからのゼミで「規定枚数に達したのを確認しなければ指導票はわたさない」といっているにも関わらず、データをもってこないヤツ四人。さらに初回のゼミはみな指導票ほしさに出席していたが、卒論提出後のゼミはがっくり人数へって半分以下。

 まあ礼儀がなってないというか、こんなんで社会でやっていけるのか、呆れるばかり。

 木曜日には人生に難破中の知り合いがグチを言いにやって来る。彼女に問題の構造を分からせるべく、ホワイトボードにこれまでの経緯を時系列で書き上げ、どこで選択を誤ったのか、なぜこうすることがいけないのか、について諄々と諭す。しかし、これまでも「あなたのしていることはヒモなしバンジージャンプよ」などのわかりやすい言葉でさとしてきたのに、まったく聞き入れられなかったので、今回も耳に届くどうか疑問。

 私は相手がそれを聞こうか聞くまいが、泣こうが怒ろうがとにかく、常に直球でものをいうことにしている。その人が失敗した時に「何でとめてくれなかったのか」と怨まれるのがいやだし「どうせ聞く気がないでしょ」と見て見ぬふりをすることは見殺しと同義語だと思うから。

 まあ難破している人はもう自分のことしか考えられなくなっているので、何をいっても「当事者じゃないから私の気持ちは分からない」になっている。でも、当事者じゃないからそこから抜ける方法も知っているというふうに視点を変えてくれるといいんだけど。

 今年の卒業旅行は至極普通で沖縄である。行く前に行き先が言えるなんて自由の国って素晴らしい(そんなのオノレだけじゃ 笑)。珍しく国内になったのは、K太が飛行機苦手であまり遠距離のれないこと、今年は沖縄が本土に復帰して40年だし、40年前はアメリカだし、もっと昔は独立国だったわけだから、考えようによっちゃ海外だということから。

 わたしは、首里城とか、ユタとか伝統文化に興味がある。そこで、るるぶっぽい表紙の沖縄のガイドブック『沖縄修学旅行』をアマゾンでとりよせた。

届いたものを見ると、何これ。地図も観光地情報もゼロ。どころか、目次を見ると。ひめゆりとか、反戦地主とか、一女子高生の訴えとか、被害者の会とか、集団自決とか、もう八割が「被害者としての沖縄の歴史」。

よくみると出版社は地図の昭文社ではなく、オキナワ反戦ものばかりだしている高文●であった。ガイドブックと見まごう装丁により、アマゾンで間違えて買う人は多いと思う。

 沖縄の人々は古くは島津藩と琉球国に搾取され、琉球処分で明治政府によって独立を奪われ、戦争中は本土と違って陸上戦場にされ、戦後はアメリカ、アメリカが去ったあともそのまま基地は残り、と、確かに大変な歴史だと思う。しかし、沖縄独自の歴史や文化を紹介した上で、この話がでるならまだしも、最初から最後まで「被害者沖縄」の現代史って、かなり偏っている。

 そういうわけで、もうすぐ四年生ともお別れ。少しでもお別れを悲しいものにしないために、彼らの卒論でも読んで腹を立てたいと思う。
[ TB*0 | CO*5 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ