FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2010/12/04(土)   CATEGORY: 未分類
師走の憂鬱
 一年もこの時期となると、三年生は就活に浮き足立ち、四年生は残り少なくなった学生生活を実感し、やっぱ留年するかなどの危険な決意をするものも現れたりする。

 それにしてもそれ以前の問題として、単位がたりなくて四年で(あるいは五年で)卒業できないかもなんてのもいる。そういう学生に限って、楽勝科目、すなわち、出席しているだけで単位がくる、ひどいばあいは、出席しなくとも単位がくるなどという評判の講義をとりまくっている。

 ではなぜそのような楽勝科目ですら落とすのかというと、基本的にそのような科目を選ぶことが如実に示しているように勉強する気がまったくないからである。

 ワセダには系列校という恐ろしいシステムがあり、ここに小中高のどこかの時点で入る大学まで無試験で上がれる。結果として、かつては神童だったのだが、無試験のぬるま湯の中でゲームだ旅行だ、クラブだと快楽に流され続け、年相応の基礎的な学力すらみにつかない人間が生まれ、そのまま大学卒業の時を迎えてしまう。

 同様なできあがり例として、自己推薦で入学した学生も多かれ少なかれこんなカンジになることがある。

 で、このような学生たちにとって卒論とはどういうものなのだろうか。Aはあと一ヶ月だというのに一文字も書いていない。しかも、問い詰めると、

A「〔既存の本を〕ハサミでチョキチョキしてつくるもんじゃないですか」と、しゃあしゃあという。

 お前のいっていることは、犯罪だよ!

 ゼミ生に対しては基本甘い私も、さすがに昨日はあきれ果てオヤジのように説教。

「Bは一回も授業にでなかったのに単位がきてラッキー」とかを公言しているが、アホすぎる。本来身につけるべきことがまったく身についていないのにそれで卒業することに、何も感じることがないのか? それは本当にラッキーなことなのか? 

あなたは自分の幸せの基準を運においているのか。
しかし、よく考えてご覧。宝くじで生計たてている人がいるか? いないだろう?
自分の人生の行く末を運にたくしていいわけ?
人生はギャンブルじゃない。幸せな人生をおくる一番の早道は、抜け道を探すことでも、楽な道を探すことでもなく、与えられた課題を自分の力でといて前に進んでいくことなんだ。

 Bよ、いつまでも子供でいたいだあ? 流れに入りたくないだあ?
 いくつになっても子供でいる方が大人になるのの百倍エネルギーを使うんだよ。
 楽な道を選んだつもりでも、結果としては一番つらい道になるんだよ。
 もっと長い目で人生を見ろ、タコ」

しかし、私の筋の通った説教も、のれんに腕押し、糠に釘。

 「ボクの卒論を落とすなんて非人道的なことを先生がするはずがない」と、とてもいやなカンジの信頼を私においている(笑)。

 しかし、おそらくは本人はある程度は気づいていて、でも、努力も勉強も規則正しい生活もそれに入るにはリハビリが必要なのである。

 こんな彼らも来年には社会人になる。社会人は学力だけではなくコミニュケーション能力その他いろいろあるのでいちがいに彼らが社会で困ることになるとは言えないが(彼らは人柄はいい)、努力を積み重ねることを覚えていくのは大変だろうな。

 就活をはじめたばかりの学生が鬱になる契機として、会社の性格にあわせて服装メイク、立ち居振る舞い、志望動機のプレゼンの仕方が異なることから、なんでここまでしなければいけないのか、とかいう流れがある。

 しかし、これは婚活なんかにも言えることで、「ありのままの自分を好きになってくれる人がでてくるまでまつわ」みたいなことをいっている人は永遠に結婚できない。だいたい「ありままの自分」ってそんな良いものだろうか。

 人間って、いろいろな経験(失敗・成功両方)を通じて、または勉学を通じて、いろいろなことが見えてきたり、その結果問題に処理できる力が生まれてきたりするものである。

 それは自分のことしか考えられない狭い視野を、よりワイドにひろげていく過程とも重なる。

 「ありのままの自分のまま」では、根本的に問題解決を行うことは不可能なのである。だから、オトナはなった方が断然ラクなのである。

 「何か(社会人、夫、親など)になること」は「ありのままの自分を失うこと」ではない。何かになることは人格成長の契機である。何にもなれないこのままって方がよほどまずい。

 「子供を生んだら母親になれるかと思ったら、子供を愛せませんでした」とか、「社会人になったら責任感が生まれるかと思いましたが、生まれませんでした」とかいうのはまずいだろう? 何にもなれない方がよほどまずい。

 「ありのままの自分」はただ、「誰かに何かをしてもらうことをまっているしかない不安定な存在」なのである。自分のことは自分で解決できる存在の方が遙かにラクな人生を送れるだろう。

 本能に従って流されてラクに生きることは、ひいては自分の人生を自分の力で動かすこともできなくなる、情けない人生、地獄へと続く道なのだ。
[ TB*0 | CO*6 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ