FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2010/08/19(木)   CATEGORY: 未分類
チベット学今昔
二冊目の学術書の出版をめざしているため、そこにおさめる十本の学術論文の耳を揃えるべく、毎日細かい作業を営々としている。一本は書き下ろしだけど、残りは過去に学術雑誌にのせたものである。

 この本を作る作業ってミュージシャンがベスト版のアルバム作る作業なんかににていると思う。今まで発表してウケタ論文はむろんのこと、埋もれて惜しいと思うものをとりあげて有機的なつながりのある1つの作品にしあげていくのである。

 で、一応一本書き下ろして九本選んだんだけど、そう簡単にいくはずもない。それは何年も昔に書いたものを今みると、文章とか論の運びとかが未熟というか、気に触るというか、自分で自分の書いたものにイラッとするのである。そこで、気になる部分を書き直すと、古い革袋に新しいワインをいれることになり、底が抜けるので、結局手直し部分は拡大していき、最初から書き直した方が早いようなものもでてくる。

 また、比較的最近の論文であまりいじらなくていいものでも、発表した後に新しい史料を見つけたりすると、その情報を論文のデータの最初の部分にメモにしておいてる。これをみながら論文内容にもいろいろ修正を行うので、残りの九本もけっこう手間暇かかる。

 結果、論文を約2つ書き下ろしつつ、その気晴らしに残る論文に手を入れるということになり、よく言えばマルチタスクの聖徳太子、悪く言えばザッピングADHDである。

 で、今回とりあげることを決めた論文の中には、実は一番最初期に書いたものが1つある。これを読み返すと、今なら簡単に分かることが分からないという扱いになっており、時代の変遷を感じた。

 かつては聖典名、人間名、事件の流れなど分からないことがたくさんあった。それが今分かるようになったのは、もちろんこの長い年月の間にチベット文化に対する自分の理解が深まったということもあるが、それ以外にもチベット語辞書の完備、チベット関連情報のデータベースの完備などに助けられて、歴史的な人物の伝記や著作について昔よりもお手軽に調べることができるようになったことが大きい。

 私が研究始めた頃は、チベット語の辞書は紙媒体のみで『蔵漢大辞典』三冊本もでておらず、チャンドラ・ダスとかイェシュケとかの辞書を使ってテクストを読むかしなかった。しかし、これらの辞書はいかんせん語彙数が少ないので、分からない単語も多かった。東洋文庫に研究員のゴマンの元座主ゲシェ・テンパゲルツェン師もいらしたが、なにしろ私が未熟だったので、テクストに書いてあることの何をどう聞いていいのかも分からない状態だった。ゲシェラも仏教の研究者ならいざしらず、歴史の研究者が何を求めているのか分からないから教えようもない。

 まあ、早い話が私が若い頃、チベットを学ぼうと思うと情報沙漠だったのだ。

 チベット語のテクストを手に入れようとすると、どこかの図書館に収蔵されているテクストをその図書館の言い値で焼き付けるために、安くても一枚百二十円とかいう焼き付け代を払っていた。1つ丸ごとテクストを手にしようと思うと万単位のお金が軽くとんでいった。

 ところが、今はどうよ。

 チベット語のオンライン辞書(http://www.nitartha.org/dictionary_search04.html)はあるわ、経典名調べようと思ったら、北京版のオンライン検索はあるわ(http://web.otani.ac.jp/cri/twrp/tibdate/search.html)、高僧の生没年、著作名、伝記などを調べようと思ったらTBRCはあるわ(http://www.tbrc.org/#home)、実際にテキストがほしかったら、スキャンしたデータをPDFにしたものを購入できる。さらに大学などの機関がTBRCに一定の金額を払えばオンラインでダウンロードできるようになっている。

 私の青春と金を返してくれ。

 思えば、このようなチベット関連のデータは、大谷大学の北京版大蔵経のデータをのぞけば、アメリカやヨーロッパの研究者と関係者ご一同の尽力のたまものである。ここまでチベット関係のデータが欧米でつくられるのは、欧米でチベット文化がちゃんと評価されていて、さらに研究者が多く、さらにはその研究も盛んだからであろう。

 満洲史やモンゴル史をはじめる時、こんな行き届いたデータ環境はないだろう。

 そこで、ことし四月からチベット語をはじめた院生Mに、「あなた自分がどんなに恵まれているか分かる? もし満洲語とか、古典モンゴル語をやろうと思ったら、まず紙媒体の辞書かうことになるのよ。チベットだからここまでデータが揃っているの。私が若い頃なんてね、テクストよむたびに人名や地名をカードにとってその情報をストックして、それをくりながら論文書いたいたんだよ。それをしなくてすんでんだから、さっさと一人前になって先生に楽をさせて」といってうざがられている。
[ TB*0 | CO*7 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ