FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2010/01/10(日)   CATEGORY: 未分類
初大喜利
 木曜日は今年はじめてのゼミ。

めでたくもかしこくもゼミ生はみな卒論を提出できた。
「卒論の中間報告をしろ」といったら、手ぶらでやってきて
「昨日の晩から明け方までピンガを飲んでいたので、できませんでした」というピンガ大王Kも、

 今時ワープロが打てなくて、汚い手書きでレジュメを書いてきたドバイ(従兄弟がドバイの王族とつきあっていたことから彼の愛称となった)も、

「このまま"ゆとり"で人生おくれませんですかね」というNちゃんも、

六年生のMとWもめでたく卒論を提出して卒業を確かなものとした。めでたい。

 MによるとWは下宿に帰らないまま、学内の24時間オープンのパソコン・ルームの同じ席にここ五日間、昼も夜も座っていたのだそうな。ちなみに、暮れから正月にかけて、ビルメンテがとまるので、トイレもゴミ箱もあふれて衛生状態はすごいことになっていたという。

 呆れていたら、Mが「僕も下宿にゴキブリとネズミがでて寝られなかったので、部室で一ヶ月暮らしていたことがありますよ」と申告。その部室の汚さをしるM子ちゃんが「あんなところで一ヶ月も暮らしたんですか」とあきれ果てる。

 で、そのあと卒業旅行で台湾にいくので、台湾について学ぶが、倉卒につくった自分のレジュメ、異様に口語調。

~それを憤った蒋介石は「一つの中国」に固執して国連を脱退、共産中国を承認する国とは次々と断交していった。客観的に言えばこの時、蒋介石が大陸にこだわらず台湾として独立していれば、台湾が現在のような不安定な地位に甘んじることもなかったわけである。しかし、現実はただ蒋介石のメンツのためだけに台湾は国際社会の孤児となり、彼が死ぬまでの四十年、戒厳令はでっぱなし、国会の改選はなし、裏社会が牛耳る地方議会は腐敗しつづけて国民は政治に背を向けていった。

「センセ~、脚韻踏んでますね」とほめてもらう(ほめてないて)

 そして台湾通のMがゼミのみなに台湾豆知識をご進講。

 「台湾の地図では、台湾ばかりか中国本土も領土ってことになっていて、シッキムまだ独立国で、朝鮮半島は統一していて、沖縄は琉球表記なんですよね。日本人は長期滞在の場合にはビザが必要なんだけど、琉球の人は必要ないの。沖縄の人、華僑の扱いなんですよ、はははは。」

 私「中華ドリームだねえ」

 M「で、一つの中国として、台湾は中国を支配する正統な政権、という触れ込みだから、故宮も精華大学もみな本土と同じものがちゃんと台湾にもう一つずつあるんですよ」

 私「本土のガンデン大僧院が中国に破壊されたから、インドに再建ガンデン大僧院が作られたような、そんなカンジだな」

 M「そんなカンジです。で、2010年問題ってのがあるんですけど、オリンピックも終わり、上海万博も終わり、イベントが終わった2010年に、人民が政府に対する不満を思い出すことを恐れて、台湾を接収して人民の気を外にそらすかもという説があるんですよ」

 Oくん「センセーそんな時に台湾行って大丈夫なんですかあ」

 私「大丈夫だ。去年の卒業旅行は北朝鮮がミサイル実験やっていて民間航空機の安全は保証できない、と宣言したときだったが何ともなかったもん」

 M「でもキャセイパシフィツクよく燃えるんですよねー。でも大丈夫ですよ。ボクねー、キルギスタン航空のったんですけど、機内の設備がこわれまくっていて、しかも機内に流れていた音楽がマイ・ハート・ウィル・ゴーオン(タイタニックのてーま)でしたが、ちゃんと飛びましたもん」

 K太「オレがエア・インディア乗った時、スコールが降ってて他の飛行機みなキャンセルだったのにエア・インディアだけ飛んでたんで、喜んで乗ったら、すぐにエンジンに落雷して飛行場に戻ったよ」

 私「いいこと教えてやる。飛行機の燃料はツバサに入っているんだ。だからエンジンが火を噴いたら、そのエンジンすてて残りのので戻るんだよ。生きててよかったね。」

このメンバーなら決して飛行機は落ちない。そう確信した初ゼミであった。
[ TB*0 | CO*8 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ