FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/07/01(水)   CATEGORY: 未分類
丑三つ時の怪奇現象
★傷ついたハトが社会復帰?するまでの物語をアップしました。ごろう様のとさか写真もあります。
http://ishihama.tibetan-studies.net/okamenomori/gorochan/pigeon.html

 明け方、チャイムの鳴る音で目が覚めた。何度も何度もしつこく鳴る。時間をみたら午前三時。雨戸をあけて「なんですかー」と怒鳴るが、門の前には誰もいない。門扉は二十センチほどあいていた。

 しばらくするとまたチャイムが鳴り始めた。

 業を煮やすが、午前三時、雨がシトシトふっており、とても外にでて確認する気にはなれない。

 だって、この場合考えられることは、

1.チャイムが梅雨の湿気で異常接触状態になってなりつづけている。
2.誰かがが死にかけてて幽体で私に会いに来た。
3.誰かが死角に隠れて棒か、手だけのばしてチャイムを押している。

 
 しかしうるさいのでほっておくわけにもいかず、今度は一階におりて、玄関正面の窓をあけてチャイムのある位置を確認してみる。するとさっきは二十センチほどあいていた門扉が閉まっている!

 これで3.の可能性がぐっと高くなった。だって、1.の場合、なぜ午前三時にチャイムが突然毀れるのか、また、どうして間歇的に連続してなったり、とまったりするのか説明がつかない。また、2.の場合にしても、ユーレイにしては上田秋成的な謙虚さとか、小泉八雲的なはかなさがまったく感じられない。

 とにかくこんな夜中にウルサイんだよ。

で、3.の場合。体をかくしてチャイムだけをつついてならしているような人と午前三時に対面したくもない。結局三時二十九分にチャイムのコンセントをみつけて抜いて静かになった。

 しかし、問題が根本的に解決したわけでないので、夜が明けるまで寝ずに警戒。

 ケーサツに電話をして不審者を捜してもらおうかとも思ったが、不審者の姿を確認したわけでもないし、万一うちのチャイムの内部がシロアリにでもくわれていて、毀れて鳴っている場合、恥をかくだけなので見送った。

 今晩はチャイムの電源をきって、戸締まりきちんとして重武装して寝ることとする。

後日談、その二日後、チャイムがなった晩と同じように雨がふった。そしたらやはり雨がふりだして数時間後、チャイムが突然連続してなりだしました。
結論としては、古くなったチャイムが湿気で異常をおこしたもののようです。
 おさわがせして、すいませーん。

ダン・ブラウン原作で『ダヴィンチ・コード』の続編『天使と悪魔』を例によって川崎のシネコンに見に行く。

 ダン・ブラウンの作品てなにげに、記号学者ウンベルト・エーコのミステリーの大衆版。
ウンベルト・エーコは学者さんらしく、犯罪現場は中世の修道院、謎解きは修道士、ラテン語やら象徴やら記号やらを小説の随所に効果的にだしまくって、スコラ哲学までえんえんとやりまくり「理解できないやつはついてこなくていーぞー」の重い濃い、そしておもしろい作品であるが、 ダン・ブラウンの作品はひたすらアメリカンに軽く、ポップで、舞台は誰でも知っている名所旧跡、謎解きの主人公はハーバート教授のロバート・ラングドン(トム・ハンクスがやってます。ロバートが象徴学者で大学教授ってあたりで、ウンベルト・エーコがモデルかあ?)。テーマもいつもとってもわかりやすい。


 そのテーマとは狂信と背信の間にあるホンマの信仰、科学と宗教はじつは対立していなくて、同じ世界を別の言葉でかたっているのだ、みたいな中道のものの見方である。

 だから、登場するキャラは善玉と悪玉などというわかりやすい区別はなく、以下、ネタバレになりますが、後半カメルレンゴに扮したユアン・マクレガーが、反物質の大爆破からバチカンをまもるため、一人爆発物もってヘリで上昇していくシーンにはその犠牲的精神(SACRIFICE)に涙しますがが、あの時流した自分の涙にものすごくハラがたちますよ。あとで。


 日本人は欧米の映画作品をみると「単純な善悪の二項対立」とか、「宗教は争いのもと」みたいなイメージをもちがちだが、たとえばこの「天使と悪魔」にしても、作品をよく見てみると、そういうアホな両極におちいったサブキャラを描きつつも、主人公、この場合はラングドン教授は非常に理性的でありつつも信仰のある人物として描かれ、そのことから作者もこの中道をめざしていることが分かる。

 「欧米流」を批判的に語る人々は、「欧米とは善悪の二項対立のもとにすべてを二分し、世の中にローラーをかけてのしていくメイワクな存在」と規定し、「アジアはもっと曖昧なの。自分たちの好きなようにやらせて」、みたいな考え方をよくするが、じつはこの考え方こそまったくもって自分では気がつかないうちに西洋と東洋をそれぞれにレッテルはってきめつける二分法におちている。

 欧米だって、じつはつねに二項対立をこえた中道をめざしているんだけど、往々にしてうまくいかないだけ。ことの善悪の判断をまったくせず、銭勘定だけを考えて動き、自己をまったく省みないアジア的な我々がほめられたもんでも、中道でもないことは言うまでもない。

 科学も宗教も同じものを別の言葉で語っているのであり、対立するものではない、これはダライ・ラマのよくおっしゃっていること。

 ハリウッド映画にしろ、オバマ大統領の発言にしろ、アメリカというだけで、批判しまくる人たちはまず、彼らがいわんとほっしていることをきちんと理解してうけとめてから、その批判に値するかを考えてもらいたいと思う。

 ホンモノとはじつは情熱、激情、とは離れた、静かでクールで知的なものなのである。
[ TB*0 | CO*10 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ