FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/06/01(月)   CATEGORY: 未分類
仏教徒のガーデニング
 庭のハマユウが年々巨大化して、雨の日とか横をとおるたびにハマユウからおちる雫でずぶぬれになるくらい巨大化していたのだが、去年、ハマユウの葉が突然元気を失って枯れ(腐り)始め、最後は株になった。その株の上をよく見ると、巨大な白黒のイモムシがはりついていた。

 その時は「腐った株になんか虫が湧いてるなー」と思った。

 今年になったら、ハマユウは負けずに新芽をだしたので、「自然は強いなー」と感心していたら、またなんとなく葉が腐り始めた。

 そこで、よく見てみると、去年株についていたあの巨大イモムシの小型版が葉の薄膜の下に何匹も湧いている。で、一部は薄膜をつきやぶって出てきて、直接新芽をくっちゃらくっちゃら食べている。

 おぇっ。

 そうか、こうやって葉を腐らせていって、最後は食べるものがないので株にしゃぶりついていたのか。
 私は仏教徒のチベット人とつきあっているうち、可能な限り虫を殺さないという習慣が身についている。そのため、たとえイモムシといえども殺すには抵抗がある。しかし、このままでは去年同様ハマユウはクサレはてる。

 ダンナ「株まで食べ尽くし最後の一群は餓死するって、こんな浅ましいのは絶対チョウじゃない。ガだよ。取ろう。」

 私「でもアゲハチョウの幼虫もグロイけど仕上がりはキレイだよ。でも、キレイなチョウなら助けて、ガなら取るってそれ容姿差別じゃない。」

 で、「ハマユウ 害虫」で検索したら、やはりハマオモトヨトウという立派なガ。

 私「ガでもキレイなガもいるし、成虫になった写真を探してみよう」

 で、昆虫オタクのページをみると、思い切りただのガ。アップでみたらさらに気持ち悪さが倍増しただけ。しかし、よく見ると、このイモムシ絶滅危惧種に指定されてる。

 地球上のあらゆる種の絶滅の原因であるわれわれ人間が、絶滅危惧種のイモムシをジェノサイドする権利は普通に考えてない。

 ダンナ「でも、見て。ハマユウも絶滅危惧種だよ。ハマユウを護るために虫をとってもいいんじゃない?」

 なんか、明らかに言い訳じみているが、とりあえず折衷案として一部のイモムシをハマユウに残して、残り多数を食品トレーの上にのせて、鳥の集まる場所において、子育て中のお鳥さまたちに食べ放題してもらうこととする。ほっとけば、このイモムシハマユウをくいつくして最後は餓死するのだから。これで一部は羽化できるだろう。
 
 お鳥様バイキングであるが、このイモムシ余程美味しくないのか、鳥たちみんなスルー。そうこうするうちに、テキも足がありますから、気がついたらどっかいっちゃってました(笑)。

 ダライ・ラマ法王は時計の修理とガーデニングを趣味にしているのは有名な話だけど、猊下も虫を別の場所にうつしたりしているのかな。仏教徒として教育を受けない本土のチベット人は知らないが、仏教徒として生まれ、育ってきた難民チベット人たちはカもハエも殺さない。虫の多いインドでも殺虫剤なんかだしたら、もう白い目で見られることは確実。お線香の香りとかでカを防いでいる。
 
 そもそも仏教国のチベットは出家した男性は生涯僧院で独身で過ごすため、チベット高原の人口はつねに一定数を保っていた。そのうえ食べる分くらいしか生き物を殺さないため、チベット高原はつい半世紀前までは自然の楽園だった。

 中国が占領してからのチベットがどうなっているかは、想像通り。イメージとしてはハマオモトヨトウどころか、イナゴの襲来。

 一番のエコは人間がへること。去年イギリスのBBCの特集でエコマンに任命されたキャスターが、エコ生活をしてどのくらい二酸化炭素を削減できるかを試してみるという企画があった。車を手放すなどいろいろしてもちろん削減に成功したが、撮影中に生まれた彼の子供が生涯に産出する二酸化炭素を考えたら、何の意味もなかった、というオチで終わった。

 つまり、人口を減らさないことには少々のエコもむなしく、二酸化炭素も自然も水もどうもならんのだ。で、それに関して朗報。

 途上国の女性たちや貧困層の女性たちに家族計画とかを教育する資金源である国連人口基金に、前ブッシュ政権は宗教保守の立場から、資金提出を見送っていた。しかし、菩薩オバマは国連重視と環境重視の立場から、国連人口基金に再びアメリカの資金を提供し始めた。

 地球規模でみたらハマユウが地球で、ハマオモトヨトウが人間。ハマオモトヨトウの数を減らさないと、ハマユウはクサレ果てちゃうね。
 
[ TB*0 | CO*11 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ