FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/04/10(金)   CATEGORY: 未分類
「中国チベット秘宝展」(1988)
1988年のチベット展のカタログ(中国チベット秘宝展図録 発行西武百貨店 編集チベット自治区文物管理委員会 中国対外文物展覧公司)を研究室でみつけたので、歴史資料として(笑)ご紹介しまあす。

ご挨拶

このたび、中国チベット自治区文物管理委員会並びに、中国対外文物展覧公司のご協力を得て、「中国チベット秘宝展」を開催するはこびとなりました。
日中の国交が正常化して16年。本年は日中平和友好条約締結10周年と日中両国にとって誠に意義深い年でもあります。この記念すべき年にあたり、ポタラ宮にある文物を中心にチベットの秘宝展を日本で初めて紹介いたします。今回展示される文物は120点と数も多く、そのいずれも彫像類、教典類、工芸美術品として仏教文化、仏教美術の神髄を極めており、まさにチベット文化の象徴とも言えるものであります。
この「中国チベット秘宝展」が多くの日本の皆様の目にふれ、チベットを知ることで、日中両国の一層の友好と親善、文化交流を深める一助となることを念じてやみません。
 1988年7月      朝日新聞社


最後の「チベットを知ることで日中の友好と親善が深まる」って一文、今読むと、悪いジョークみたいだね(笑)。

「中国がチベットに対して行ってきたこと」を知ればしるほど、まともな神経もった人はドンビキして日中友好どころじゃなくなると思うけど。あ、彼らのいう「知る」の意味は「自分たちのプロパガンダを知る=理解する」ということなのかな。

甘いわ。


 これがかかれてから二十年。朝日もずいぶんまともになったもんだよ。

 で、そのあと中国側の「前言」が続く。

長いので、抜粋すると、

チベット族は中国の西部にあって長い歴史を持つ民族の一つです。・・・13世紀以降、元、明、清の三王朝に従属しながらチベット人民はチベット高原を開拓し、明るく輝かしい文化を創造してきたのです。・・・・私たちはこの展示会を通じて日本のみなさんが中国チベット並びにチベット族の文化を理解することで、日中友好の絆が一層強く結ばれることを深く信じております。
   チベット自治区文物管理委員会 
   中国対外文物展覧公司


で、ivに「チベット考古の発見」侯石柱

 1949年に成立した中華人民共和国は、二年後平和的にチベットの解放をなしとげたが、それまでチベットで行われていた考古学調査は、ごく狭い地域に限られており、その資料も極めて不完全なものであった。また調査者はすべて外国人であり、しかも専門家ではなかった。チベットの平和的な解放の後、特にここ数年、チベット自治区および国内の関係部門はチベットで故国の考古学調査活動を行い、多くの成果を得た。


 「平和解放」云々はもう言うまでもないとして、あのね、中国は1950年に東チベットに侵攻して後、チベットのすべての僧院を破壊するか閉鎖するかして、破壊された僧院の中にある文物も壊すか売り飛ばすかして散逸させた。土の下から多少の文物を発見したくらいで威張られてもねー。

 で、問題は展示品。

 仏教美術だけならまだしも、チベットと中国王朝との関係を示した文物が多い。たとえば、中国皇帝からチベットの高僧におくられた冊封文書とか転生僧の選定に使われた金の壺とか。

 もうすぐ始まる九州国立博物館のチベット.展の展示にも、この金の壺あたりがきていたら、プロパガンダ決定。

 ただ、九州国立博物館のチベット展はネットの説明を見る限りでは、かなり、主催者も気を遣っているみたい。チベットと中国の関係を、「高僧と施主の関係」と書いたりして、中国側の説明を鵜呑みにはしていない。まあカタログチェックするまでは判断しないけど。

 福岡の次は東京の上野の森美術館、また東北のどこかにもまわるみたいなので、興味のある人はみんなチェックしにいこう!
[ TB*0 | CO*8 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ