FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2009/01/10(土)   CATEGORY: 未分類
彼我の落差
 今日は卒論の提出日。
去年は提出日の初日にまだ、執筆中という猛者が何人かいたことを思えば、今年はずいぶん正常化した。とりあえずみな提出できそう。
 年初ということで、みなでそろって晩ご飯にでかける。
 困った時の華●苑、そう早稲田祭の打ち上げでチベット万歳をかましてしまったあの中華料理屋である。

Wが最初からハイテンションで、どす黒く盛り上がる。
私がチベット現代史を熱く語っていると生徒たちはすかさず

「先生、猊下はそんなところで笑いませーん」

そして、話ている私の顔をデジカメでうつしては

「悪い顔しているなー」と笑う。なので

「師弟関係きるぞ」というと

「どーぞ」と言われる。

軽い師弟関係やな(笑)。

話変わって、大阪の平岡先生からガワン先生お言付けの中観のテクストを送って頂く。
去年の十二月にガワン先生が離日される際、

「般若思想と中観思想をしっかり学びなさい。仏果を求めて仕事しなさい」とおっしゃられた、そのお話を受けてのことであろう。

実はガワン先生は顕教の大学者でもある。

先生の所属するチベット仏教の最大宗派ゲルク派はもともと学問を重視する宗派で、密教修業は顕教をきわめた後に履修することが推奨されている。当然、密教学堂の座主をつとめたガワン先生は顕教の大学僧でもある。

ゲルク派の僧侶の階層はそれはきっちり学問の到達度で決まっている。

 三大僧院のどこかに所属して最低でも15年は論理学や哲学を学ぶ。そして、僧院の中で行われる試験に勝ち続けると、博士の最高学位である「ララムパ」位をとる資格が生まれる。

ララムパの試験は、チベット暦の正月に、ダライラマ御臨席の下、チベット中から集まった人々の見守る中で行われる。このディベートで勝利してララムパ位をとると、やっと密教学堂に進むことが許される。そして、密教学堂での修業を一通り終えると、ガンデン大僧院の座主候補者のリストに名を連ねることができる(このリストの中からダライラマ法王が指名する)。

 ガンデン大僧院は宗祖ツォンカパが1409年に建立したゲルク派の総本山。この大僧院の座主の座はチベットの学僧の最高位である。

 ガワン先生のすごいとこは顕教の博士号だけでなく、密教の博士号ももっていること。それは1990年のこと、ギュメ僧院(密教学堂)のララムパたちの一番を決めてみよう、という趣旨で、第一回密教弁論大会が開かれた。この時、並み居るララムパたちを制して一位となったのがガワン先生。

 つまり、ガワン先生は顕教でも密教でも一番という、頂上の頂上、文字通りのケドゥプ(学者にして行者)。

 なので、先生が「~しなさい」という言葉は、とにかく重くて、その通りに勉強していったなら、きっといい人間になっていけるだろうと自然に思う。

 私も先生といわれる身分だが、自分とガワン先生を比べた場合、
 彼我の落差に、大笑いがとまらない 
 とくに師弟関係のあり方とか(笑)。

で、平岡先生のお便りには続きがあって、先生が十二月にガワン先生をインドまでお見送りにいった際にガンデン寺でとった写真が同封されていた。

 それがこれ。


 説明すると、かつてガンデン大僧院には宗祖ツォンカパのミイラが仏塔に納入されて祭られていた。このミイラは髪の毛が伸びつづけるなど奇跡満載で、人々は幸せに拝んでいた。

 しかし、1959年、中国軍は4000mをこえるドク山まで律儀にのぼってきて(ホントあきれるよ)、ガンデン大僧院を土台から破壊して、ペンペン草も生えない廃墟にし、ツォンカパのミイラもみせしめに火の中に投じられ、僧侶たちはそれを見学させられた。

 ひどい話である。

 しかし、その時、ぱーんと炎がはじけて一僧の足下に何かがとんできた。僧は急いで足で土をかけて隠すと、人々がひきあげた後にその場所にもどってほりだし、大切に保管していた。それがこの頭骨である。

 1995年、インドに再建されたガンデン僧院から独りの博士がラサに潜入してきた。この博士は件の僧から頭骨の破片を譲り受けると、インドにもどってそれをガワン先生に献上した(ガワン先生はガンデン大僧院北頂学堂の所属)。

 そして、2000年、ガワン先生はネパールで作らせた仏塔にこの聖骸を収めて、インド・ガンデンの北頂学堂に公式に安置したのである。

 私はこの話を聞いた時、不謹慎にも「50年代はたくさんのお坊さんがなくなったから、ツォンカパの頭骨でなくてもそこいらに頭骨あったんじゃないの」と言ったが、

 この写真で台座に書かれているチベット語を見て反省。

「偉大なる聖ツォンカパのまごう方なき聖骸でございます。」

[ TB*0 | CO*8 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ