FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/12/06(土)   CATEGORY: 未分類
「不幸の受容」≠「諦念」
 ★お知らせ★

ごろうちゃんのページアップしました(ここクリック")。
 

 とある学生からメールがきた。

 曰く、卒業論文で視覚障害をテーマに扱うつもり、で、『ブラインドサイト』とというドキュメンタリー映画とその映画の主演である西ドイツの女性の著作をみたら、チベットでは視覚障害者が「前世の業によってこうなった」と言われて、ベッドにくくりつけられたりして差別されているという。こういう俗説(前世の業のことか?)があるのか。あるとしたら、どうしてこのような俗説が発生してしまったのか。チベットでは他の障害に比べて視覚障害に関する特別な見方があるのか、という内容で、質問形式になっていた。

 どうも、この質問事項をみる限りでは、「チベットの俗説=障害者差別」という先入観がまずありきで、私にその=部分の内容説明をさせようとしているような、カンジ。

 そもそも、このようなテーマで卒論を書きたいのであれば、まずチベット仏教を勉強して、その何たるかを理解した上で、そこからでてきてしまう「俗説」なるものを定義するのが、正道であろう。専門家に聞いてすませて論文ができるのなら、アメリカ政治学で卒論書く学生が、ブッシュ大統領に直メールうって、「あなたはこのような政策をどのような意図で行ったのですか」と聞くのかい。
 
 で、この『ブラインドサイト』という映画を見ていないので調べてみると、視覚障害者の西ドイツの女性が、ヒマラヤの麓の視覚障害者の子供たちが差別されているのを見て、盲学校をつくり、彼らに「何事もなしとげられる」ということを教えるために、ヒマラヤの山(エベレスト?)にのぼる、というドキュメントらしい。

 うーん、微妙。
 視覚障害者に点字などを教えて世界を広げさせる、というその行動は素晴らしいと思う。しかし、登山については異論がある。登山は西洋人のもちこんだスポーツである。多くのチベット人にとって、高山は神の宿るものであり、崇拝の対象である。そのまわりを巡礼することはあっても、昇るということに人生の意義を見いだすことはなく、ましてや、障害を克服するための道具として用いることなどない。西ドイツの視覚障害の子供なら、そのような導き方でもいいけど、チベット社会の中でいきる子供たちに欧米的な価値観をうえつけることが必ずしも彼らの幸福につがるかどうかは微妙である。

 インド思想には輪廻思想というものがあり、仏教もそれをとりいれて、人は始まりのない昔から輪廻していて、現在のこの自分とその環境は、過去の言葉と心と体によって行った行動の結果であるとみる。

 しかし、この思想は決して差別のための思想ではない。それどころか、すべての生き物は始まりのない昔から輪廻を繰り返しているのだから、みなかつて母であったことがある。だから、すべての生き物を母のように慈しむべし、というテーゼを導きだすのだ。だから、仏教徒は、生を受けると、できるだけ生き物を害さないようにし、貧しいものに優しく、病のものをいたわろうとする。

 昔、ダラムサラの巡礼路に病気の牛がいたが、通りすがりの巡礼者がみなその牛の病苦を思いやって手を合わせ、西洋人の尼さんが牛に薬をぬったりしていた。障害のある人に「過去の業だからそうなった」などと非難するようなことをいい「ベッドにくくりつける」などということは、言葉と体と心によって悪い行いを積むことになるから、仏教思想によっても否定さるべきことである。

 かりに、この西ドイツの女性が見聞きしたような虐待行為がどこかで行われていたとしても、それはそれを行っている家の経済状態や人間関係によるものであり、輪廻思想が原因で虐待されているわけではない。

 豊かな国であっても、人格に問題のある両親のもとに生まれれば、その子供は虐待されるし、かりに貧しい国であっても、人格者の家に生まれれば障害があろうが何だろうが、幸せに生きられるだろう。
 

 「~しない」「~できない」理由はあとからつくものである。その論理は、国や時代によって異なるが、それ自体が原因ではない。虐待や差別を「されている」あるいは「している」根本的原因は「〔障害や貧困などの〕不幸を受け入れることのできない〔自分や他人の〕意識」に問題がある。

 チベット人がこのとてつもない怒濤の世紀を何とか生き延びてこれて、しかも、大半のチベット人が楽天的に生きてこれたのは、仏教思想の力によって、世界を愛し、「目の前にある不幸」から逃げず、それを受け入れる力があったからである。

 欧米思想に毒された我々からは少々暢気すぎるように見えようとも、彼らはこの半世紀、何とか自分たちの文化を維持し、そればかりか世界の人々にまでその文化をおすそわけしてくれている。

 何かと今の自分に不満をもつ我々が、誰一人幸せにできないどころか、自分すら不幸にしているのとは大違いである。

 彼らが「不幸を受け入れる」とき、それは「現状を変革する」ことを諦めたことを意味しない。

 たとえば、ダライラマ法王は今もポーランドを訪問され、ワレサ元大統領と会談している。ワレサはカソリックの信仰によってソ連を崩壊に導いた連帯の指導者である。

 法王は諦めたことなど一度もない。この半世紀ずっと闘っていらっしゃるのである。

 「不幸な現状を受け入れる」ことは仏教徒にとって、負けでも諦めでもない、ダライラマ法王はこの不幸を自らの修行の機会ととらえ、中国に感謝しながら生きている。そして何度でも人の役に立つ姿に生まれ変わりたいといっている。

 仏教思想を、障害をもつものや貧しいものに現状を肯定させる悪しき差別思想、などと決めつけている人がいるとするなら、そういう人には物事の見方をかえて、もっと豊穣な世界に目を向けて欲しいとおもう。
[ TB*0 | CO*10 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ