FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/09/05(金)   CATEGORY: 未分類
絢爛豪華なチベット史おひとついかが?
日曜日、元ゼミ生同士の結婚式があった。
わがゼミ初のゼミ内結婚である。ぱんぱかぱーん♪
結婚式には何度か参加したが、「新郎の関係者ですか、新婦の関係者ですか」と聞かれて

「両方」

と答えたのは初めて。
久しぶりにあうゼミ生たちは、みな社会人の顔になっている。

元ゼミ生A「先生が着てる衣装知ってます。それベトナムの民族衣装でしょう?」
私「うん、そうそう」
元ゼミ生A「シオサイですよね!」
私「アオザイじゃ!

元ゼミ生B「センセー、オリンピックの間どうしてました」
私「決まってるだろ、ガン無視だ!」
元ゼミ生B「相変わらず、ボージャクブジンですね」

というような、心温まる会話を交わしながら(笑)、みなで二人の前途を祝福する。

本当にこの代のゼミ生はみな仲が良かった。
ペイフォワードな子供たちだった。
チベットの神仏よ、彼らに幸せを賜いたまえ。

さて、義を見てせざるは勇なきなり、
東急セミナーさんで公開講座を引き受けることにいたしました。

シラユキ 秋の公開講座(全六回)

テーマ チベット仏教世界の歴史的展開
期日 2008年10月18日~3月21日(全六回)
場所 東急セミナーBE渋谷(渋谷東急プラザ内)
お問い合せ先 東急セミナーBE ここクリック 03-3477-6277



今回はチベット史をその文化の解説とともに講義しまーす。

今、チベットは中国に併合されているため、中国ではその歴史を語ることはタブーとなっている。国民によけいなチエをつけて、不測の事態を起こしたくないからでしょう。
 チベット史なんて、できれば、なかったことにしてしまいたいイキオイです。

で、一般の漢人は三歳の赤子でも日本軍の中国侵略を知っているのに、なぜか自国の行ったチベット侵略について知るものは少なく、千数百年の仏教国家としてのチベット史にいたっては「誰もしらない」。

 で、漢人は真顔で「チベットは太古の昔より中国の一部でしょ」「チベットって国なの?」という有様です。

で、海外にでて言論の自由を得たチベット人が何を言っても、いかんせん絶滅危惧種。対する中国は13億人。どんな間違ったことでも、13億人が百年言い続けたら黒が白になるかもれしないイヤ~な予感。

でも、考えてみたらこれは誰にでもある宿痾。

ほとんどの人は自分の「常識」とやらを「みんなが言うから~だろう」くらいのいい加減さで形成している。
少数のチベット人+少数の研究者 VS 13億人が世論を形成したら、「常識」なるものがどっちに傾くかは火を見るより明らか。

 私が「チベット史はカクカクシカジカだ」と説いたら、「亡命政府の言い分と同じですね」と切って捨てた人がいた。わたしは研究者である。私の発言は史料に基づいて研究した結果のものであり、「亡命政府がこういった」なんて単純な理由で語っているのではない。

 「アンタのいうことは結局誰それのいっていることをそのまま言ってるんでしょ」とか言う人に限って、根拠のないまま、どこかの誰かの言い分をそのまま口うつしで信じていたりするから始末におえない。

 というわけで、知らなけりゃ黙ってればいいのに、何か言わないとまずいと思う人たちが無自覚に発する「なんちゃってチベット史」を聞くのはもう疲れたので、今回のテーマ設定となりました。

 他では聞けない、絢爛豪華な麗しのチベット文化史があなたを待っていることでしょう。

 チベットについて現在・未来に語る可能性のある人は、すべて聞いてもらいたいんだけどまあこないでしょうね。でも、誰も聞きにこなくても、私はやります。

 このささやかな努力によって、少しでもチベットに関する正しい理解が世の中に根付くことを願って。
[ TB*0 | CO*11 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ