FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/08/14(木)   CATEGORY: 未分類
「満月ばあさん」の幸せ
日曜日、ポレポレ坐(ここクリック)に「モモチェンガ」というドキュメンタリー映画を見に行く。

 モモチェンガとは、ネパールのチベット難民キャンプに暮らす、一人のおばあさんの愛称。モモはおばあさん、チェンガは十五夜、つまり満月の日に生まれたことを意味するので、いわば「満月ばあちゃん」。普通のチベットのおばーちゃんの何げな日常なのだが、これが深い。

 モモチェンガは1959年の中国侵攻時、幼い子供三人をつれて西チベットからインドに亡命して、今は娘夫婦とともにネパールの難民キャンプで生活している。このキャンプには真ん中に僧院があり、チベット学校もあり、チベット人たちはかろうじて自分たちの文化を護って暮らしている。

 借り物の土地の上にすむ、難民たちは生活の手段がない。そこで、外国人観光客にチベットのおみやげを売るのだが、昨今のネパール情勢の不安定からもちろん売れない。貧しい暮らしだが、このおばあちゃん満足して暮らしている。毎日、マニ車をまわして僧院の回りをコルラして、痛む膝をかばいながら、五体投地を百回している。ヒマさえあれば、すべての生き物の幸せを祈っている。孫がたった十一才で死んで、他の孫たちが悲しんでいると、「私のような年寄りにお迎えがこず、こんな小さい子にお迎えがくる。これも前世の業だね。子供は汚れがないから、すぐにいい転生をするよ」と、たんたんと現実を受け入れる。
 
 そして、このおばあちゃん、ネパールからインドのダラムサラにダライラマ法王にお会いする旅にでる。一日中、お寺参りをして五体投地をしていたおばあちゃんは、24時間の列車の旅の間体動かせないのに、無意識のうちに手だけで礼拝していた。すごいな。

 で、いよいよモモチェンガがダライラマ法王と対面します。

 モモチェンガ「チベットはいつ自由になるのですか。孫の世代もこのままかと思うとやりきれません」

 どっひゃー。直球。

 ダライラマ法王「みな同じ気持ちですよ。みんな努力していますよ。」
 
 さすがダライラマ。ちなみに、おばあちゃんの前に、病気の子どもをつれてきた男性がいた。この男性はたぶんダライラマ法王の奇跡の力で、子供の病気を治してもらおうと思ってきたのであろう。が、

 ダライラマ法王「薬は飲んでますか。チベットの薬をのみなさい。イェーシェー医師につくといい。あ、チベットの薬とインドの薬を一緒に飲むときは、二時間あけた方がいいですよ。」

 指示が細かい(笑)!

 そういえばダライラマ法王はかつて

「わたしに会いに世界中から病人がやってきますが、わたしは病気を治したりする奇跡はおこせません。みな病院いってください。」といっていた。それを初めてリアルで見た。

 何年か前ダライラマ猊下が国技館で講演した時、「円盤が見える」人が宇宙人についてダライラマについて質問した時、私は「猊下に何きいとんじゃ、ゴルァ」と殺気だったが、猊下はあっはっはと笑って

「わかりませんねー(I don't Know)」と応えられた。

 ダライラマ法王は神秘めかしたり、偉そうにしたりして、自分を大きくみせようとしない。分からないことは分からないと率直に言い、ひたすら「事実に基づく真実」のみを語ってきた。その言葉にひきつけられる人は時をおって増えている。
 
 日本人は、宗教=狂信、非論理的、知性低い、と考えがちだが、チベット仏教では「正しいものは、論理によっても証明できる」と考え、仏の境地を論理学によって考察することにやぶさかではない。だから、ダライラマ法王にしても、このモモチェンガにしても、チベット人は信心深く宗教的ではあるけれど、知性もユーモアもあり、その度合いはむしろ、われわれよりも上なのだ。

 先進国のわれわれはいつも不幸。物質的に豊かなのに、足りないものばかりあげつらい、不平不満に満ちあふれている。宗教に接するときにも、その接し方がわからず、救済してもらおうと全面的に依存してだまされたり、逆に、軽蔑して遠ざけたりと、それはもう極端。

チベット人は

賢者たちが焼いたり、切ったり、こすったりすることによって金を調べるように、私(仏)の言葉を採用するべきであって、ただ〔私を〕尊敬するがゆえに採用するべきではない。」

という仏の教えに従って、たとえ仏の教えであろうも、金の真贋を確かめるように徹底的に吟味する。一方、日本人は真贋どころか、善悪すら見分けられないレベルである。

 よく、「亡命政府の言うことと、中国政府の言うことどちらが正しいか分からない」といい、自分は中立だといいたげな学者や民間人やジャーナリスト(全員やん)がいるが、そういう人たちにこう言いたい。

 「論理的に考えてみて」
[ TB*0 | CO*10 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ