FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/07/09(水)   CATEGORY: 未分類
歴史研究のヨロコビ

宣伝を頼まれました


勝谷誠彦×ペマギャルポ対談
FREE TIBET!~中国が隠し続ける「チベットの真実」~
日時 7月10日 (木) 19:00~ 21:30 (予定)
場所 オダイバ http://tcc.nifty.com/about/
前売り券1500円 当日1700円(飲食代別)
詳細はここクリック



ANA マイレージ・クラブからこんなメールがきた

まだ間に合う!北京オリンピック観戦ツアー
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃┃ 北京オリンピック開幕までいよいよあと1ヶ月!
┃┃≪ 卓球、バドミントン、女子バレーボール
┃  人気種目コースを一部値下しました! ≫
┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 北京オリンピック熱がいよいよ高まってきました。
 人気種目・日本代表出場種目を多数揃えた観戦ツアーをご用意♪
 歴史的感動の瞬間をこの目で体験しませんか?


ふうんそろそろスポンサー料回収に動き出したな、「で値下げして、おいくらになってるのかしら。」

 と自分がとまったホテルを目安にみてみると・・・・

新北緯飯店が一泊四万円以上している!

このホテル、もともとサッポロビールの資本でたったビジネスホテルで、昔は新僑飯店とかいっていて、後に中国資本に売られて今の名前になった。

 で、このホテルが開店直後のピッカピカの時で、シングルで日本から予約して八千円くらいだった。今はかなりボロくなっていて、しかも日本資本でなくなって四万とは、選手の身内の方とかマスコミとか経費がかかって大変ねえ。チベットでは大きなイベントがあると、テント村ができて、まわりに勝手にキャンプするからお金かかんないけど、北京は天壇公園とかにテントはってもいいのかな。たぶんダメだろうな。

オリンピックって、アスリートの鍛え抜かれた技をみてわーっと騒いで民衆のストレス解消、てことで、お祀りみたいなものなんだろうけど、所詮は気張らし。ローマ帝国のコロッセウムのように、大規模イベントに癒しをもとめるようになるとローマ帝国もそろそろですな。

 さて、学術院長選挙も終わり、休講しなかったから補講もしないでいいので、教場試験期間は半期の授業の試験と通年の授業の最後の一回をやれば終わり。

 原稿書きと研究の日々が始まる。うれしー。

 そういえばこの間とあるゼミ生に卒論指導をしていたら、

学生A「歴史を研究するっていうことは、こういうことが未来におきて欲しくないから、それを伝えるためにやるんじゃないんですか。」

私「歴史研究ってのはねー。まずその時代特有の制度や事件やものの考え方とかを史料に基づいて、予断を排して再構築するのが基本よ。歴史研究は理系が自然や事象を客観的に観察するように、ある時代の構造や因果関係を読み取ろうとする作業。過去におきたことに正邪のレッテルをはったり、現在にしかない概念で過去を解釈したりするのは、研究の段階ですることじゃないんだよ。」というと、

学生A「じゃあ、先生は何のために大学で歴史を教えているんですか。そんな何のやくにもたたないもの教えても仕方ないじゃないですか」

私「ぷっちーん。あなたには未知のものを知りたいとかそういう気持ちがないの?人類の文化を発展させてきたのは、その情熱なのよ。」

学生A「ボクは全然知りたいと思いませんね。自分の身のまわりのこと以外にはまったく興味がありません」

 ぐはぁ。常々思うのだが、若いということは、苦いというか、イタイというか。まだ、世界のことも、何より自分のことも、まったく何もわかってないのに、主観に基づいて物事を決めつける時の判断の速さとその根拠のない自信には、つくづく脱帽する。

 まあでもたぶん自分も若い時はこんなカンジで、「自分から見た世界」や「自分が思う自分」を絶対視して、今から思うと恥ずかしいことをいっぱい言ったりやったりしていたんだろうな。一つ言えることは、自分でイッパイイッパイだった頃より、ささやかながら少しは回りを見回す余裕がでてきた今の方が、心は平穏になったこと(といいつつしょっちゅう怒ってるけど。まあこれはデフォルトの性格なんで)。

 学生に言わせれば役に立たない研究なんだろうが、私は、今とはまったく違う時代に人々が何を考えていたのか、その考えに基づくからこそこのような行動をとっていたのだ、などということが分かるととても嬉しくなる。とある島にしか住まない新種の美しい花を見つけた植物学者のような、新しい星をみつけた天文学者のような、たぶんそんなカンジ。

 夏はまだ始まったばかり。
[ TB*0 | CO*10 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ