FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/07/06(日)   CATEGORY: 未分類
深読みカンフーパンダ
 「インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの迷宮」を見てきました。

 初回では若さピチピチだったハリソンフォードも、いいじいさん。
 「この年になると失うものばかり」とか言う姿には哀愁すらただよう。
しかし、アメリカのお父さんはそう簡単にリタイアしません。今回も冒険活劇につきものの、謎解きと古代遺跡と家族愛をフルセットで楽しませてくれます。

  初回でヒロインを演じたマリオンが二十数年をへて息子(むろんオヤジはインディ)をつれて登場。第一作目へのリスペクトがいたるところにでてるのでオタクはチェックしてから映画館へ。

 ただし、行く先々で遺跡ぶっこわすインディは考古学者としてはサイテーだと思います。

 で、映画が始まる前に次回上映作品のコマーシャルが流れる。その一つにカンフーパンダがあった。アメリカのアニメーションの常として、でてくる主役級のキャラがどれもグロくてぜんっぜん、可愛くない。

 ポケモンがアメリカに輸出された時、ピカチュウが「最も愛すべきキャラ」に選ばれたところをみると、彼らアメリカ人の感性もわれわれと変わらないと思うのだが、だとするとなぜアメリカのアニメーションにでてくる動物はかくもグロいのだろうか。
 
 まあ、それはおいといて、予告編でみる限り、自他とも認める弱いダメ・パンダが「自分を信じて」修行をすることによって、平和の谷を救う、という、「空手キッズ」な物語。

 ああ、おこちゃまむけのカンフーアニメかあ、と思ったが、ちょっと気になったのが、敵役の名前がタイラン(Tai Lung)だったこと。

これ、タイラント(独裁者)を暗示しているのかな?

 だとすると、パンダはチベット高原東辺の動物だし*、ハリウッドはリベラルの牙城だし、ひょっとして中国に対する高度なイヤミを含んだ作品か?

 *亡命チベット政府はかつて「パンダはチベットの動物です」というキャンペーンを行ったことがある。しかし、パンダのいるギャロンは昔からチベット文化圏ではあるが、中央チベット政府とどっかんどっかんぶつかっていた地域なので、微妙な主張である。

 そう考えてみると、主人公のパンダの名前はポウ(Po)これは、チベット語でチベットを意味する「bod(po)」のと同じ発音である。

 ポウ(チベット)対タイラント(独裁者=中国政府)となる。

 これって、弱いバンダ(チベット)が強くなって、タイラント(中国)に闘いを挑んで勝つ、という暗喩かあ?

 しかし、なにしろカンフーパンダ、日本ではまだ封切りされていないので詳しいストーリーはわからない。そこで、英語のWiki でKung-fu Pandaをひいてみる。

 で、テキトーに把握したストーリーは以下のよう

レッサーパンダのシフ(先生)は、雪豹のタイランを子供のようにかわいがってカンフーを教えたけど、ドラゴン・マスターにしようとしたら、亀賢人に「不合格」と言われてなれませんでした。タイランはそれを恨んで暗黒面におちてしまい、谷を荒らします。レッサーパンダは涙をのんでこの愛弟子を倒して刑務所に送り込みます。

 しかし、タイランは脱獄。谷をまもるドラゴンマスターを選出すべく、五人のカンフーの達人(サル、虎、蛇、カマキリ、ツル)が天下一武道界を開いて戦うことになります。

 その会場に、ノーマークの食堂の息子のメタボ・パンダ、ポウが出現して、亀賢人は何とこのダメパンダがドラゴンマスターだという。みな半信半疑だが、とにかくレッサーパンダのもとでパンダは修行をつみ、とうとう龍の巻物を手に入れる。
 しかし、そこにはなーんも書かれていなかった。

 タイランをむかえうった五人の戦士たちは負け、平和の谷は危機一髪、さあどうするポウ。
 逃げまどう人々の中でパンダは父親とであう。父親はうちの麺のあじのヒケツは「ゼロ」(nothing)だ、と伝える。そこでポウは巻物の奥義が自分を無にすることである、と覚る。
 タイランとポウは対決し、ポウはタイランを打ち負かして谷は護られましたとさ。


 って、なにこの恐ろしいまでに単純なストーリー展開。

 それに、敵役のタイランは雪豹**。これチベット高原の生き物じゃん。

 **スノーライオン。かの有名なチベット国旗で、チベットの政治と仏教を象徴してむかいあっているあの動物よ。

 ここに暗喩を見ようとすると手、ギャロン政権(パンダ)とダライラマ政府(雪豹)の闘いになってしまう。

 ああ、18世紀の物語かあ。

 なわけもないから、ストーリーや動物の出身地を見ただけでは、風刺の意図があるかどうかは結論できず。

まあちょっとでも風刺のにおいをかぎとったら、上映禁止にする某国がいるから、収益を至上命題とするハリウッドもアブナイ賭けはすまい。

 しかし、この政治色を一生懸命消そうとしたその配慮の中にこそ制作者の意図をみてやりたいと思う。

 とりあえず、虎や龍といった中国イメージど真ん中の動物を主人公にせず、主役級をすべてチベット高原の動物(レッサーパンダ、パンダ、雪豹)にしたこと、ポウとタイランという主役二人の名前に何かがこめらてれいるのではないか、と深読みしてあげて、ちょっと評価したげるよ。

 見に行かないけどね!
[ TB*0 | CO*11 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ