FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/06/13(金)   CATEGORY: 未分類
大阪でチベットを話す

業務連絡

 「二丁目の鈴木さん」プレゼントありがとうございました。もしよろしかったら、所番地をお知らせいただけたら嬉しいです(いや、考えてみてもわかんなくて)。


 火曜日はお坊さんのお勉強会に呼ばれて大阪へいく。
 前は飛行機を使っていたが、飛行機はCO2をめっちゃ出すと知ってから、心を入れ替えて新幹線する。

 長く感じる、新幹線の乗車時間。
 でも、講演で使うパワーポイント直前までいじったから、このくらいの乗車時間があった方が、手抜きにならなくていいのかも。

 主催者の方から、「事前に拙著を送っておけば、会場に届けてくださる」と事前にメールを戴いていたにもかかわらず、版元からとりよせるのを忘れていたので、家にあっただけの『聖ツォンカパ伝』と『ダライラマの仏教入門』をしょって、新大阪におりたつ。

 まるで行商

 主催者からのメールによると、

 「●長が改良服をきてなんば駅にお迎えにきている」とのことであったが、

 改良服って何? ●長って何?

 難波駅についた私の目に飛び込んできたのは品の良い僧服をきたご年配の僧侶であった。改良服って、生活用の僧衣か。

 会場は橋下知事に危うくつぶされそうになった府立の某施設の会議室。お坊さんが聴衆なのでチベット問題ばかりでなく、ダライラマ猊下の仏教哲学なども一緒にお話させていただく。

 最後に、七月号の『大法輪』(私も拙文を書いてまーす)の巻頭言
「祈るだけでは平和はこない」をひいて、「チベットの平和を祈念する宗派を超えた僧侶の会」のアクションをご紹介させていただく。

 私の個人的な感想としては、僧団が社会に何か働きかけようとする時、俗人と同じアプローチの仕方、すなわち、直接社会に働きかけるのは芸がないと思う。僧侶であるならば、まずは仏教の思想や僧侶の高徳な行為などによって人々を感化していくという方向がのぞましい。しかし、まあ何かとてもムリな要求をしているような気もするので、人権聖火リレーが日本にくる6月18日に、増上寺に宗派をこえたお坊さんが何百人も集まるのもまあ、にぎやかでいいかな、と思った次第である。

 おかげさまでとても気持ちよくお話をさせていただきました。

 会の後、シタール奏者の石濱匡雄さん(私のご先祖を六代、彼のご先祖は八代?くらい遡ると、同じ人に交わる。彼の大叔父は東洋学の大家、石濱純太郎先生)とHさんとお茶をする。彼は15の時にベンガルにわたり本場の先生についてシタールを学んでおり、その活動もグローバルである。

 ベンガルは人種のるつぼなので、匡雄さんむろんシッキム出身のチベット人の友達もいたりして、チベット問題については前からそれなりの知識があったそうで、たしかに三月のチベット蜂起の折には、いちはやくチベットのためのコメントをだしてくれていた。

 イシハマ家のオタク度はやはりひと味違う。

で、以下、胡錦涛の裏話を書いていたんだけど、ネタもとの方が、人間関係を理由にやっぱナイショにとの申し入れがあったため、とりあえず消しときます。
[ TB*0 | CO*9 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ