FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/06/01(日)   CATEGORY: 未分類
朝貢体制オリンピック
 チベットの暦について原稿を書かねばならない。「わかりません。別の人に頼んでください」といって一度断ったのに、ブーメランのように戻ってきてしまったこの仕事。

 仕方ないので、チベット本屋カワチェンに暦関係の本を買いにいく。しかし、そうやって手に入れた本を見ても、ワケわかんない図や表がみちあふれていて、人間の服を着た直立した蛇や牛が、干支にあたるくらいはわかるけど、それ以外はわからん。

 どうするんだ、イシハマ!  大丈夫なのかイシハマ!

 といってても仕方ないので、カワチェンの店主ケルサン夫妻と夕食をご一緒する。

 ケルサンの趣味で中国人の経営する居酒屋「悟空」にいく(笑)。店員がみな中国語をはなす店で、四川料理を食べながら、チベットネタを大声で話すチベット人と日本人。

 民主主義ってすばらしい。

 三月、チベット人が蜂起した時、ケルサン氏はアメリカにいた。その時、たまたま開かれていたアジア研究の会合に参加したら、時期が時期だけに、チベットが話題になった。すると一人の学者さんが「この会は研究をすることを目的しており、政治とは関係しない方がいい」といった。すると、それに対して一人のチベット人がすっくと立ち上がって「中国から来ているチベット人はみな政治的な意図をもって送り込まれてきている。すでに学問は政治に巻き込まれている」という意見をいい、結果としては「チベットをみんなでサポートしていきましょう、オー」ともりあがったのだそう。

 西洋人、健全だな

 たしかに、中国本土からきた学者さんは国策にそったご研究をされる方が多い。言論の自由のない国で学問の自由のあるわけもないからね。わたしたちは学問は事実や真理を追究するためにやつているが、かの国ではしばしば学問は政治利用される。

 これと同じ理屈で、多くの中国人は「オリンピックを政治利用するな」と言うが、そういってる当の中国人は国威発揚にオリンピックを政治利用しまくっている。

 国内で行われる聖火リレーが中国共産党の聖地や幹部の生地をめぐっているのは共産党を礼賛するためだし、チベットやウイグルをゴリゴリめぐるのは領土主張と、諸民族の共存をアピールするためだ。国際標準なんか何ひとつ考えちゃいねえ。

 オリンピックの開会式に各国の元首を呼ぶことにこだわっているのも、国際社会へデヴューをしたいなんて殊勝な動機からではない。昔ながらの伝統的な朝貢儀礼の再現が主要な目的である。

 朝貢、それは、世界の中心にある中華帝国に、異民族の諸王たちが中華皇帝の徳をしたって、集い、貢ぎ物を献じるという、メイドイン伝統中国の自己愛ファンタジーである。
 伝統的な中国の思想の中には、外交、国家などというコトバはない。国とは世界の真ん中にある中国ただ一つ。対等な他国なんて存在しないわけだから、国際社会なんて概念は端からありゃしない。

 各国の元首が今回のオリンピックで果たす役割は、中華王朝の偉大さを演出するためのその他大勢エキストラである。

 北京オリンピックは、中国の中国による中国のためのオリンピックとして徹頭徹尾企図されたものだ。

 もし中国がこのまま独裁政治を続けるのであれば、何百年後かの中国の史書に、「2008年、世界運動大会に各国元首が貢ぎ物をもって訪れ、中華帝国の書記に叩頭した」とか書かれるだろう。

 中国の歴史はいつでも「あるがまま」よりも「あるべき姿」を書いてきたからね。国際関係に関する漢文史料は対する国の史料でウラをとらないと歴史資料として使えないというのは学界の常識。

 だから、彼らがいう「~を政治利用するな」みたいなダブルスタンダードな主張に、国際社会はつきあってあげる必要はない。あくまでも普遍的かつ一貫した論理のもとに、国際社会は動けばいいのである。

 ケルサン氏は、「三月のチベット人蜂起以後、中国の代弁ばかりしていた日本の報道がずいぶんマトモになった、その結果、普通の日本人が(それ以前からチベット興味あった自分はフツーでないんかい)チベットに興味をもってくれるようになった」と喜んでいた。

 私は、欧米の厳しい対中政策を考えると、日本はずいぶん中国に甘いなあ、と思っていたが、このケルサン氏の意見や、一昨日韓国人の友人と話していたら、「それでも日本はまだ中国に対等にものいってますよ。韓国なんてやられっぱなしですから。韓国のネットでは"かつては日本に支配され、次はアメリカに支配され、今は中国に支配され"と嘆いてますよ」と言われこと、また、「チベット問題で文句をいった国はアジアでは日本だけだ」とか中国が言ってたことを思い出し、国際標準になかなかなれないアジアの中で、日本はがんばっている方だ、と少し自国を見直す。

 昔エコノミックアニマルといわれ、「カネしか眼中にないんかい」と言われていた日本人も、いまや、環境とか、人道とか、カネよりも大切なことが見えてきた今日この頃。

 このまま、国際標準に邁進するためにも、洞爺湖で「地球温暖化防止の音頭をとったついでに、チベット問題の解決にも音頭とってくれ」。というわけで、

 署名お願いしまーす(→ここクリック)。

 ユマ・サーマンのパパも応援してまーす。
[ TB*1 | CO*10 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ