FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/05/07(水)   CATEGORY: 未分類
長野商店街のキモチが今分かる
 胡錦涛氏の5月8日木曜日 午後の日程
・ 15:20 早稲田大学大隈講堂にて講演。
・ 16:20 早稲田大学国際コミュニティセンターで日中青少年友好交流年日本側除
幕式に出席。
・ 16:50 早稲田大学食堂ガーデンハウスにて日中青少年との交流
      *福田・福原愛VS胡・留学生で卓球(NHK)


というわけで、総長に直訴状だしたのに、無視されました。学生課に聞いてみたら、今回は外務省主催で大学は場所を貸しただけ、国家の要請なので断れなかったとな。

 前回江沢民主席が来た際には、全教員に周知徹底されたことを考えると、公に一切告知しない今回の訪問はずいぶん地味。しかし本当に、早稲田で卓球やるのかしら。KYどころか、何かのネタとしかおもえない。

 その外務省主催の式典とは、福田首相と胡錦涛主席の間で勝手にきめた日中青少年友好交流年の開幕式のため、とか。三月十五日には北京の人民大学で胡錦涛主席参加で中国側の除幕式が行われている。中国では在北京日本人が招かれたので、今回も在日中国人が集結するのだろう。しかし、一年も三分の一がすぎてから除幕式って、形式的にいってもヘン。また、北京には胡錦涛主席のみで福田首相は参加しなかったのだから、日本の人民大学(早稲田)でやる際にも、福田首相一人でやれ。なんでわざわざ来させるかな。

 学問の場の静謐が乱される。

 早稲田の学生さんの中から、大隈講堂前でフリーチベット運動をやるという動きがでてきた。学生さんたちが大学当局に聞いたところ「授業中なので拡声器などを用いなければ、表現の自由があるので、処分はない」との回答を得たとのこと。彼らの志はよく、主張も正しいけど、彼らが怪我をしたり、不愉快な思いをしたりするのではないかと心配だ。
 非暴力運動者は“正しさ”によって、神様からの加護を受け、形而上学的・倫理的な意味では守られているんだけど、肉体的な意味では無防備だからね。

 そもそも、非暴力運動とは目の前で怒り狂っている人の暴力に身を任せて、マスコミを通して世界中の良識に訴えるところにあるので、よほど根性座って意志の力のある人でないと、なかなかに貫徹することは難しい。だって正しいのに、殴られたり、暴言あびせられたり、せにゃならんのである。
 
 長野のチベット支援者たちに、詰め寄った中国人たちは「〔チベットは中国の支配下で幸せだからお前たちは〕嘘つき」「チベットに行ったこともないくせに」と一方的にののしってきたそうだが、日本人支援者たちはみなチベットに行ったことがあり、チベット人の知り合いがおり、よくチベットを知っているばかりであった。むしろ、中国人たちの方が一度もチベットに行ったことがなく、報道管制によってチベット史もまったく知らず、客観的にいって、チベットのことを何も知らない人たちであった。

 あそこにいた中国人はただただ「自分の感情・メンツを傷つけられた」ことを動機に怒り狂っているのである。話がかみあうわけがない。

  そこで、長野でチベットサポーターは、善光寺の本堂内で中国人・チベット人双方の犠牲者を悼む法要を静かに行った。これによって、問題がチベット人対中国人の間にあるのではなく、人間対人間を抑圧する体制にあることを示したのである。

 とりあえず学生課に「デモに参加する学生はフツーの学生。彼らの身の安全をまもってこそ民主主義国家のあかし」と頼む。ここを見ている学生さん、明日警察・大学・留学生はみなそれぞれの事情の下で動くと思うけど、慈悲をもって彼らを見てやってください。
[ TB*0 | CO*11 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ