FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2008/01/09(水)   CATEGORY: 未分類
有徳の僧が身近に
 チベット学の泰斗、佐藤長先生(1914-2008)が一月六日に亡くなられた。ショック。
『中世チベット史研究』『古代チベット史研究』『チベット歴史地理研究』など、数々の著作で知られるごとく、文字通りチベット史の一人者であった。

 若手にやさしい方で、駆け出しだった頃は、よく励ましのお言葉を戴いた。とてもステキな方だった。93歳というお年なので仕方ないかと思うが、やはり寂しい。

 謹んでご冥福をお祈りします(涙)。
----------------------------
 話変わって。
去年、たまたまつけたテレビ(ためしてガッテン)で面白い実験をやっていた。
それは「怒り」を研究するというもので、これがとても興味深かった。

割り箸を口にくわえさせて人工的に笑顔をつくらせた人と、箸袋を加えさせて眉根にしわを寄せさせて人工的に渋面をつくらせたグループに、同じ映像をみせる。
それは一人のオッサンがえんえんと画面の向こうからこちらに檄を飛ばしているというものであった。ただし無音である。

この映像をみさせられた先のグループのうち、人工的に渋面を作らされた人々は
「なんで自分が怒られなれればいけないんだ。不条理だ」と不愉快に思ったといい、

人工的に笑顔をつくっていた人々は
「励まされている」と応えたという。

 これは、同じものをみても受け取る人の心の状態如何によっていかようにも現実は違って見えるということを示している。極めて仏教的である。

 そして、次の実験も面白かった。心拍数についての実験をするということで被験者に集まってもらい、全員に心拍数を記録する機械をつけてもらう。

 そして本番まで少し個々で待っててくださいね、と局内のカフェにつれていく。

 そのカフェが実は真の実験場。

 マスターも、ウエイトレスもみなグルでこの被験者を怒らせようとする。

まず、被験者が「コーヒーをたのむ」しかし、そのコーヒー、えんえんとでてこない。後から入ってきたグループには先にどんどん注文の品がでてくるのに、被験者のテーブルにだけは、来ない。
 すると、被験者の心拍数は怒りでどんどんあがっていく。

 きれた被験者が、ウエイトレスをよびとめて、注文を繰り返す。するとウエイトレスはぜんぜんちがった品物をもってくる。きれる被験者はとうとうカウンターまでおしかけ、店長に直談判するが、その店長もグルだから、さらに被験者はきれる。

 心拍数がふりきれそうになったところで、のぼりをもった謝り隊がでてきて被験者に、事情を説明し、マスターもウエイトレスもやらせ客もみなでごめんなさい、と謝って実験は終わる。

 どの被験者も見事にきれていく。

 ところが、その被験者の中にお坊さんがいた。そして、前述のことを全部やられても、心拍数が乱れない。

頼んだコーヒーがこなかった時も、コーヒーがない、と言われた時も。

 「あるものでいいです」と怒らない。

 で、そのお坊さんに実験であることを明かした後、スタッフが「あなたはどうして、あの状況下で怒らなかったのですか」と伺うと

 お坊さん「私はあそこにコーヒー飲みたくて入ったわけではなくて、時間をつぶすために入ったんですから。べつに腹も立ちません。」

 このあと番組は、怒りというものはこのように修行によって抑えることができます、修行ができない方には、自分を客観的に見つめるコントロール法教えます、と続く。

 わたしはモーレツに感動した。こんなお坊さんがまだ日本にいたなんて。

 ちなみに、私が後日、この話しをいろいろなところですると、

皆より還ってくる反応は「えー、日本のお坊さんが修行できてるとは思えませんよ」と判で押したよう。

 「ホントだってば。本当に見たんだってば!」と訴える私は まるで、UFOの目撃者のようである。

 でもまてよ、このお坊さんどっかで見たことあるような。とその時も気になっていた。で、今回年賀状みて真実が明らかに!

 なんと、光源寺のご住職でした。

 去年私が訪れた、あの蟠随意上人のお袈裟のあるお寺のご住職。

 二回しかお会いしていないけれど確かに穏やかで、人格者のご住職だった。

 しかし、たまたまつけた普段はみないテレビ番組で、面識のある方の優れた行いを目にするというのも、不思議な因縁である。

 それに気づくのが数ヶ月後というのも間抜けな話であるが。

[ TB*0 | CO*8 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ