FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/04/11(水)   CATEGORY: 未分類
しぶとく復活!
おかげさまで、覇気がない以外の点ではほぼ平常に復しました。

タミフル、マンセー。

病気の時には何かとても思考が暗くなり、ウツウツとしていたが、病気が治ると単純なもので思考もあかるーくなってきた。

笑ってようが泣いてようが時間は進むなら、笑っているにこしたことはない。

病気で寝ている間は頭をまったく使わず気が紛れることからおもにマンガを読んでいたが、少しよくなってきたら、落語を読んでいた(聞くじゃないのよ)。

笑いは体にとてもいい。十歳の頃から手元にあってぼろぼろの落語本は、今でも読めば笑えてじつにお手軽な健康法。

実は、この本、私が十歳の時にはじめてかった文庫本である。

はじめての文庫本が小説や哲学書でないところに栴檀は双葉より芳し、三つ子の魂百までを感じて欲しい。

興津要先生が校訂した講談社版で名著である。上下巻からはじまり、続、続々、続々続とまるでインフルエンサのようにゾクゾクで続いて、最後の大尾に至るまで全シリーズを買った。

なんで十歳の子供が落語本なんかを喜んで買うのかといえば母の影響だろうか。私がまだ小さかった頃、私の枕元で母は夏目漱石の『坊ちゃん』とか、中国の古典とかを読み聞かせてくれた。いつも笑いが絶えない枕元だった。

ちなみにウチのダンナが最初に買った大人の本は、なんだったかサルトルだかカントだか哲学書だとかいってたような。

いやだね、暗くて(まる子風)。

人生は所詮無意味なんだから思い悩んだらウツになるだけ。ウツになったら自分も苦しいし回りも見ているのが苦しいので百害あって一理なし。

落語でも読んで笑って暮らしていれば、少なくとも自分一人は幸せにできるし、幸せになったその一人はもう一人二人くらいは幸せにできるかもしれない。

刑務所をイモンでまわっている落語家がいたけど、彼のやっていることは本能的に正しい。と思う。

まあ、すべて人を幸せにできるのは神様仏様ダライラマ様くらいだとしても、フツーの人だって性格が少しでも明るければそれなりの幸せを人の分け与えることはできる。

笑う門には福来たる。

インフルになる数日前、わが家に巣をかけていたキジバト夫婦が烏に襲われて孵化間近の卵を全部食べられてしまった。追い払ったけど間に合わなかった。カラッポになった巣に片割れがもどってきて呆然としている姿がかわいそうでショックだった。

そのあとくらーい気持ちになったのだが、しばらくしてあのキジバトの夫婦とおぼしき若いまだ小さな鳩の夫婦が餌付け場に姿を現した。そのあと、雄が雌にむかってプロポーズの歌を歌っていた。

 人間はショックでうちのめされているのに、当事者の自然はたくましかった。

 人間だったら臨月の妻が暴漢に襲われて妻は助かったが子供は流産とかいったら、その夫婦、怒り狂ってその暴漢をおいつめてリンチ殺だろう。

 キジバトの夫婦は烏に復讐せず、季節の恵みの中で新たな命を育むことを何も考えずに選択した。

 この場合、いろいろ考えて復讐に走る人間がえらくて、鳩がアホと言えるだろうか。わたしは鳩がエライと思う。幸せはなったもん勝ちなのである。

 あのキジバト夫婦も今度は注意してカラスに巣を知られないように気をつけるだろう。今度は彼らに可愛いヒナが誕生することだろう。
[ TB*0 | CO*9 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ