FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/01/30(火)   CATEGORY: 未分類
己の欲せざるところ人に施すことなかれ
わたしは今、声を大にしていいたい。
ファミレスのドリンクバーにはいい加減あきた!

 不毛な採点の唯一の心のオアシスは学生の悪あがきをウォッチングすること。

 いくつかの言葉をあげて、「その言葉をつかって~を説明せよ」とかいう問題をだすと、勉強していない子は、それらの言葉をつかって自由作文をつくってくれるのである。

で、その妄想文のあとに一文が。

 「という感じなのではないかと、この範囲を勉強しなかった私は想像するのであるが、残念ながらこの先はさすがに

   わからない。
」(笑)

 まあ、素直っちゃー、素直だ。

 こんな感じな毎日ですがみなさんいかがお過ごしですか。

 なんか、柳沢厚労相が失言して、世の中の女性の怒りをかってますね。
 女性を「子うみマシーン」にたとえて、言い換えた言葉も「生む役目の人」ときたもんだ。

 良識ある人、ましてや人様の上にたってものを決める政治家は、決して~人は犯罪者、~地域はダメだ、女は生む役目をもつ、日本は神の国だ、などの決めつけ・単純化は行ってはらならない(あれ、最後の二つは誰の言葉だっけ?)。

 レッテルはりという行為は、人類の歴史の中で偏愛・憎悪の引き金になり、数々の紛争や弾圧をうんできたからだ。

 性差なり、民族なり、地域なり、宗教なり、それらにある種のレッテルを貼るのは、 アメリカだったら政治家なら政治生命、俳優なら俳優生命の即終わりを意味する。

 たとえば、ついこの間も、メルギブソンが酔ってユダヤ人に差別的な言辞をはいて「今年最低の人」にランクインした。

 ましてや、少子化どうにかしようって政策を策定する立場の政治家が、こんなこといっちゃーまずいって。

 そいえば石原都知事も昔、「文明がもたらしたもっとも悪しき有害なる物はババア。」(引用らしいけど)とゆってもまだ威張って居座っている。

 どころか、私的な飲食に都税を使いまくっているくらいだから、日本はオジサン政治家のステキな言語感覚に甘過ぎ。

 男だって「●付けマシーン」とか言われたくないだろう? だから、女性にも「マシーン」なんていっちゃいかんだよ。自分が言われていやなことは人にもいっちゃいかん。
 
 ま、黙っててもこの内閣短命そう。
 次はもっと有能な仕事人内閣になることを祈る。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ