FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2007/01/28(日)   CATEGORY: 未分類
餓鬼道(猫)の手を借りたい日々
試験日教室に入ると、最後列にばかり人がぎっちぎちに座っている。

わたし「ちょっとそこ! せめて一人ずつは開けて座りなさい。前はこんなに空いているんだから」

生徒A「えー、どうせ隣こいつですよ。みたって仕方ないですよ」

わたし「だったら、一つ開けて座ったって同じでしょ。往生際が悪い! はよ立て!」

生徒B「センセー、テクスト忘れたんですけど」(テクストわすれたらそもそも三分の一しか解けない)

わたし「論外。来年もよろしくね(直訳 キサマは再履だ!)」

生徒B「えー」

生徒C「センセ、昨日夜遅くまで勉強したので試験の間中、眠くて仕方ありません」

わたし「試験中寝るか!」

(ちなみに生徒BとCはゼミ生。Cについては別の授業では前期レポートも出してない。甘やかしすぎたか・・。ここは一つ愛のムチをビシバシくれてやらねば。)

というような毎日ですが、みなさんいかがお過ごしですか。

 大教室の210たす140たす62×2たす130枚の答案を採点して他のレポートとか出席数とか勘案して評価をだすのが一月いっぱい。ははははは。

生物の先生によるとこの答案は風邪菌のソークツだそうで、採点の後は必ずや恐ろしいインフルエンザにおそわれるのだそうな。

 なんてこと言っていたら昨日の夕方くらいから風邪っぽくなってきて、とくに右目の奥がいたい。

 採点は他人にやってもらうわけにもいかんし、困ったもんだ。
 そいえば私が若い頃、

「先生たちは何百人もの試験を採点しているはずがない。階段の上から答案用紙をおとして、一番下までおちたのを優にして飛距離に応じて以下、良・可・不可にする」

などとささやかれていたが、あれは本当のことだったのだろうか。
 ちなみに私はまじめに採点やっていてます。まじめな人が一部にでもいる以上、その人にあわせるのが筋ですから。

 何にせよ、この風邪頭では高度な思考はまったくできないので、採点やるくらいしかないだろう。

 あーやだやだ。
 
[ TB*0 | CO*5 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ