FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/08/24(木)   CATEGORY: 未分類
「若仲と江戸絵画」で美しい鳥たちを堪能
本日、終盤にさしかかりまくった、国立博物館の「若仲と江戸絵画展」を見に行く。

jyakuchu


明治維新以後、日本人は自国の文化に自信を失ったため、多くの日本美術がアメリカやヨーロッパに流れ出した。今回国立博物館で行われたこの江戸絵画も、プライスという西欧人があつめたものが日本にきている。

自国の美術の優品を、他国で保存してもらうとは悲しい話である。

現在でも、京都の骨董品のもっともいいものは、京都ではなく外国に出すのが常識らしい。

日本人はお金もつと、自国の美術品ではなく、洋モノをかうため、国内ではいい値がつかないからである。

しかし、よく考えると、そうやって日本の古美術かいあさってる西洋人は、たぶん自国の美術品には興味ないんだろうから、お互い様である。

日本人はドレスきてウィーンフィルをきいてブラボーとかいい、西欧人は能や歌舞伎をみて、ワンダホーとかいうのである。

ちなみに、国際チベット学会の西欧人の学会会員は嫁さんの東洋人率が異常に高い。
チベットに興味もつような人たちだから、西欧文化よりも、東洋文化にシンパシーをかんじるからだろう。

その点わたくしは東洋人で東洋の歴史学を学び、また仏教をまじめにまなんでいるのだから、そんじょそこいらのハンパな西洋かぶれの日本人とはちがうのだ(おおえばり)。

なので、若仲を見に行くのである。

とエラソーなことをいったが、展覧会にいった理由は、彼の絵柄に動物、とくに、鳥(軍鶏や鶴や鶺鴒や雲雀)がおおいからである。

コバタンやワカケホンセイインコをかいた屏風まであった。
行って良かった。

清朝にもインコを書いた図譜があるくらいだから、江戸時代にインコをかく日本人画家がいても不思議はない。

若仲のさまざまな鳥の絵をみていると、彼が「鳥の普遍」に美をみていたことがよくわかる。

若仲は、晩年に自分の書いた絵を一斗の米にかえては、その米で羅漢像を一体ずつ造り、仏教への信仰をたかめていたそうである。

美しい絵をかき、その絵を聖なる像にかえていく。

昔の芸術家の生き方は、きまっている(ホレボレ)。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ