FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/08/14(月)   CATEGORY: 未分類
英作文に苦しむ一東洋学者のうめき
 刻々とせまる国際学会、いい加減発表原稿かかないとまずい。

 しかし、な~んかやる気がでない。こういう時には逃避に走ろうと、研究者仲間に電話をする。

 いろいろ話しているうちに「この電話逃避でしょ。いい加減英文書き出さないとネイティブ・チェックに間に合わないよ」と本質をついた発言をされる。

 ネイティブ・チェック、そんなもの現地についてから誰か知り合いみつけて、頼もうと思っていたわい(えーかげん)。

ああ、英語ヤダ。

 チベットは東洋なんだから、東洋史研究のレベルが世界的にも高い日本に敬意を表して、学会の発表言語には、当然日本語をいれるべきだと私は思う。

 でももしそれが許可されても、ほとんどの外人研究者が日本語を理解できないので、意味ないだろうな。そういえば、驚いたことに、アメリカとかヨーロッパでは、日本語のみならず漢語ができなくてもチベット近代史で大学で教鞭をとっているような人もいる。

 インド・ヨーロッパ言語を操る人々が、漢字やひらがなを習得するのにはものすごい努力が必要らしいからあまり、きついことはいえないが、言語獲得数の低さが、彼らの研究レベルに限界をもたらしていることは言うまでもない。

 私は仏教用語をちりばめた歴史文献を読むだけだったら、チベット語、漢語、モンゴル語、漢語、満洲語が一応できる(といっても現代語の会話や他ジャンルの文書はぜんぜんわからん)。

 清朝の最盛期の皇帝、乾隆帝もこれを全部できたので、これらの言語が全部できてはじめて清朝とチベット仏教の研究に着手するスタートラインにたてるのである。この一部の言語しかできないと、その一部の世界観にひきずられて大局的な研究ができないため、やはり全部できることがのぞましい。

 で、西欧人がチベット語、漢語、モンゴル語、漢語、満洲語を全部習得できるかといえば、無理にきまっている。彼らにとって、シナ・チベット語族(チベット語・漢語)、ウラル・アルタイ語族(モンゴル語・満洲語)は彼らのしゃべる言語とはまったく別の言語集団に属するため、その習得は困難を極めるからである。

 その点日本人はラク。小学校から漢字を覚えるから中国語おぼえるの比較的らくだし、満洲語やモンゴル語やチベット語の語順ほ日本語とほぼいっしょだし。
 だから、いい辞書とちょっとした根気があれば以上の言語は日本人なら誰でも気軽にマスターできるのである。

 というわけで、日本の東洋史研究のレベルは自ずと高くなるのである(おおいばり)。

 なので、そもそも、日本の研究者の書くものは、世界中の東洋史の研究者が読まねばならないのである。

 とはいっても、西欧人は漢語の習得ですらアップアップなので、ひらがな・カタカナ・漢字の乱舞する日本語を学ぶ余力などない。

 結果として、日本人の研究者は自分の研究を人にしってもらうために、自分で英訳して、のこのこ外国まででかけて宣伝にいかねばならないのである。

 本末転倒。

 もう一つ気が重いのは、時差。

 一時間以上時差のあるところにいくと体調がどっと悪化する体質を持つ者としては行くだけでもだるい。

 国際学会はヨーロッパかアメリカで開かれる。アメリカ人がヨーロッパにいったり、ヨーロッパの人間がヨーロッパ内で移動するのは国内感覚だろうが、こっちは中国大陸をこえ、中央アジアをこえ、紛争地帯の中東をこえてやっとヨーロッパにつくのである。飛行時間は十時間を超えるのである。もう行くだけでへろへろである。

 ここまできて、こんなことグチっている暇があったら、はやく発表原稿にとりかかれ、ともう一人の自分がツッコミをいれる。

 ので冒頭に戻る。
[ TB*0 | CO*8 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ