FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/06/02(金)   CATEGORY: 未分類
愛鳥かまちの「それから」
今朝、午前五時、かまちが「ぎゃっ」となく声で目が覚めた。
とびおきてのぞいてみると、おきぬけの大きなフンチがある。縫合したお尻が痛くて悲鳴をあげたのかと心配になる。

じつは、三~四日で抜糸と言われていたので、本当は木曜日の午前中くらいに抜糸してあげるのがいいのだが、

「抜糸直後は再び同じことになる可能性もあるので、一日そばてみていてあげられる日の午前中に抜糸するのでないと危ないからダメ」

と先生が言うので、必然的に抜糸は土曜日の午前中かと思っていた。

しかし、こうしてカマチが悲鳴をあげているということは、縫合したおしりが腫れているのかもしれない。そこで、急遽授業の準備をしこみ、九時になると、すぐにカマチを病院につれていく。

キャリーにうつす時にはこの前の時と違い、ものすごく抵抗され、通院中も、ゲゲゲゲゲゲと、ドスのきいたお怒りの声をあげ続ける。待合室にしつけのなっていない犬がわんわんほえていたが、カマチがゲゲゲゲゲと怒りなきすると、犬の方がびびっていた。

おそるおそる、今朝の状況を話すと、先生はカマチのおしりをみて

「この子、自主的に抜糸しています。もう傷が乾いていますから、一日以上はたってますね。何事もなくてラッキーでしたね。でも爆弾を抱えているようなものですから、とにかくこれからも注意して、無精卵を生ませないようにしてください」

ななななななーんと。抜糸のあと、もっとも不安定で、腸がでろーんとでそうになっていた時にわたくしは授業とかで家をどーんと空けてしまっていたのだ。知らないということは幸せなことである。

ともかく、これで最初の峠は越した。これからは日常的な気配りが重要となる。

小鳥は、病気にかかったり、怪我をしたりすると、それはもう簡単に落ちてしまう。大切に世話をすれば、セキセイなら十五年、オカメインコは二十五年以上は生きるのに、ちょっとした病気や怪我がその生をかんたんに奪っていく。

よくドラマとかで、憎まれ役のバアさんが「みんながこんなに冷たくするんなら、あたしゃ死んだ方がましだよ」とかいって、回りを困らせているが、ああいった御仁に限って、百まで生きるものである。一方、小鳥は、「あれ、今日はちょっと元気がないな~、でも、こっちみて笑っているから大丈夫かな~」(自然界はサバイバルなので結構病が重くなるまで、弱ったことを外にださない。こういう習性はとても困る)とか言っているうちに、ばったりと落ちてしまう。

そう、美しくかれんなもの程、もろいのである。

カマチはゲゲゲゲゲとか言うし、腸がはみでたりもするが、何事もない時はじつに美しい鳥である。なので、なおさら心配なのである。
[ TB*0 | CO*9 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ