FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2006/02/15(水)   CATEGORY: 未分類
久遠実成の二諦説(笑)
 昨日は、二つの会議のあと組合の会議があった。いろいろなキャンパスの先生ができるだけ集まってこれるように、会議は夕方すぎから始まる。

 当然その日の夕食は組合のとる出前となる。昨日は錦×庵からの出前だった。数々の文学者を生み出した早稲田大学にあって、大学の周辺にある蕎麦屋や飲み屋は様々な文学作品に言及されているため、ある意味観光地化しており、錦×庵もそのような店の一つである。

 わたくしは天丼をえらばせていただいたが、これは失敗であった。えび天を箸でもちあげると、衣がゾンビのようにぬげおちたのである。遅刻をしたせいだろうが、天ぷらは衣が水分をすってべちゃべちゃだった。
べちゃぺちゃは天ぷらのみならず、ごはんにも及んでいた。

 お米には一粒一粒七人の神様が宿っていらっゃるので、最後まで食べたが、さぼってばかりのぐうたら執行委員に対する神罰としかいいようのない味であった。

 帰ってくると、仏教青年会からの郵便物が届いていた。開けてみると早大仏教青年会の会誌「久遠」が入っている。

 そしてレポート用紙に手書きで原稿依頼がかかれていた。
 
 あのなあ。私はいいけど他のOBの方に原稿依頼する時には、墨と筆とまではいわないが、せめて便せんに万年筆で書いてくれよ。何か学生のレポートを読んでいるような気持ちになってくるよ。

 「久遠」をめくってみる。

 題名の由来は、早稲田の校歌にも歌われている「久遠の理想」の「久遠」と法華経の「久遠実成」をかけたものであろう。なかなかイケている。

 早稲田大学校歌一番には「現世を忘れぬ久遠の理想」が歌われている。原理主義的な理想主義ではなく、機能主義的な理想主義を目指すとは、なかなか早稲田らしくいい歌詞だ。

 
 幹事長の巻頭言に始まり、仏教青年会ゆかりの方々の心のこもった文章がならんでいる。「ほー」と感心しながら読んでいて、一つのことに気づく。

まず、巻頭言の幹事長の言葉から

「他大学の仏教青年会では部員数の減少などから消滅や活動休止に至るなど、寂しい話を聞く中で、私たちの早大仏青は一度も絶えることなく命脈を保ち続けています」。

えええええ。他大学はもっとひどいのか。早大仏青はまだましな方なのか(吃驚)。

 で、仏青OBの渡辺了恵師(部室に祭られたお釈迦様の作者)の文章を読んでさらに仰天。

 「顧みると機関誌『久遠』は、昭和33年当時「死に体」となっていた仏青に入部し、大がかりな会員集めをして、総持寺での座禅会や古寺巡りなどを行いながら創刊した懐かしい思い出がある・・・」

 なんと、仏青は私の生まれる前にも死に体だったのかっ。今のこの寂しい状況はぜんぜん異常じゃなくて、遠い昔から多かれ少なかれこんな状況だったのかあっ。

 わたしは早大仏青の生命力を甘く見ていたのかもしれない。

 「これぞまさに久遠の実成」(これで笑える人は仏教オタク)。
[ TB*0 | CO*6 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ