FC2ブログ
白雪姫と七人の小坊主達
なまあたたかいフリチベ日記
DATE: 2020/09/08(火)   CATEGORY: 未分類
猫と鳥と建て替えと
 動かざること岩のごとき人生をおくってきた。なんと、生まれてからこの方、自宅から一ヶ月以上離れて暮らしたことがないという岩盤定住民である。

 自分の寿命とともに家が朽ち果てる計画だったので(我が家は夭折の家系w)、ある時点から家のメンテをしなくなった。ところが、案に相違して、今、予定死亡年を三年こえてしまった。その上、みなが「あなたは長生きするよ」と口を揃えてdisるので、自分には老後があるんじゃないかという気がしてきた今日この頃。

 が、時すでにおそし。ふと気づくと、家は限界にきていた。水がでなくなれば配管を外に通し、戸の開け閉めができなくなるとあけっぱなし、シロアリ、蛾、なめくじが家の中に出現したら、家の中に小さな生態系ができたと喜んで見事に乗り切ってきたが、家の中に竹がはえてきた時はさすがにワロタ
 
 そこまでして住み続けていたのは、この家には母や先代ごろうさま、先代るりと暮らした楽しい思い出がつまっていること、鳥と猫をつれての建て替えが面倒であることが予想されたから。

 しかし、昨年九月に二度強力な台風が東京を通過した時、いろいろ考えさせられた。万が一屋根がとんでも、ホテルや避難所には愛鳥や愛猫をつれていけない。鳥と猫のことを考えたら、しっかりとした家をたて自宅避難ができるようにした方がいいだろう。るり(猫) は11才、ごろう公(オカメインコ)と花はまだ三才で、みな比較的若い。引っ越しのストレスに順応できるはず。

そこで住宅メーカーをきめて一番の心配であるぺットをつれての仮住まいが心配であると相談すると、彼等は「いい不動産あるから大丈夫ですよ」と何の問題もないかのようにいう。なので信じて建て替えを決意したが、それからはじまる一連の過程(しかもまだ道半ばw)は彼等が言うほど簡単なものではなかった。

まず心理的な面。愛着のある家を離れるストレス、半世紀以上たった思い出=ゴミを捨てるストレスでメンタルを削られ、さらに毎週のように行われる新しい家の内容を決めるうちあわせが面倒くさい。彼等は前のものをぶっつぶしておされなコンセプトで家をつくることを提案してくるが、私は前と同じ家に住んでいる感覚を残すために、家の配置も間取りも外構も可能な限り現在の家を再現すること、庭木もできるだけ残すように命じた。

 しかし、資材の運び入れ口のために切らねばならない木の中にキンモクセイの古木があった。私は移植をしてくれと最初から頼んでいたが外構担当の方は古木は根付かないとか新しい木を植えた方が安いとか否定的。それでもねばりつづけたら、やっと移植に応じてくれたが、金額も高くものすごくいやそうな感じであった。
 私がひきずっている前の家にたいする愛着は、彼らにとってはどうでもいいことなのだ。

  そして最大の問題は仮住まいである。住宅メーカーが推薦してきた仮住まい専用の不動産やさんは、自転車で八分のところにある5LDKの一軒家をすすめてきた。これが某ホラー映画のロケ地とみまごう昭和な一戸建てで、押し入れに白塗りの子がいるような気がして日が落ちてからは怖くて一人では入れない。

 そして不動産屋は、動物たちが物件を汚さないように襖も障子も全部とって柱も保護しろと言い、ペットがいるということでクリーニング代も高く、家賃も一ヶ月分余分にとられた。この場面で頭にきたのが、我が家で一番位の高い動物たちが迷惑物扱いされたこと。最初からこんな扱いをうけることがわかっていたら、自分の家にすみつづけるためにもっとひんぱんにメンテしたのに。後悔先に立たず。
 
酷暑の中の引っ越し準備に疲れが頂点に達した時に、引っ越し当日がやってきた。奇しくも満月であった。縁起がいいのか悪いのかもうどうでもいい。疲労の極地である。

 一番気をつかったのはむろん猫と鳥の移動。業者がふみこんできてドタバタしている最中に動物たちを動かすのはアブナイので、全部片付いて最後の最後に一気に移動することにする。猫は知らない人をみるとパニックおこしとびだすので、自らもぐりこんでいった押し入れに閉じ込めておく。

 お鳥様は、運び出すものの少ない私の部屋にまずおいて、業者が鳥部屋のものをはこびだした後、空になった部屋におけば、全部がおわるまでそこで過ごせる。と思ったら、事前に聞いていたこととはことなり、いきなりエアコンをはずす業者がきて鳥部屋も私の部屋もつかえなくなった。仕方無いでエアコンのない三畳間にお鳥さまをいれていたが、そこは鳥にとってはじめての部屋なので機嫌を取らねばならず、その間業者の箱詰めを監督できず、どの箱に何がはいってるのか分からなくなった。

 引っ越し業者が帰った夜、三つの鳥カゴをふろしきにつつんで、タクシーで仮住まいへおくり、そのまま寝かせる。明日明るくなってきたら自然と部屋の風景が目にはいり、パニックはおこさないだろう。

 そして午前零時もまわった最後の最後にチベットの仏像のうち一体だけ自宅に残してあった、ターラー尊の仏像とるり(猫)を迎えに行く。コンビニでしゃけとおにぎりを買ってきて、何もなくなった床に座ってたべる。この家で食べる最後の食事だと思うと感慨深い。シャケにつられてるりが押し入れからでてきたので、食事が終わったところで、捕獲してキャリーにいれて自転車の荷台にくくりつけて仮住まいにむかう。

 猫は人よりも家につく。なので家から離れるにつれ、猫は不安な声でニャーニャー鳴き続ける。しかし、仮住まいにつくと、そこには爪とぎようマット、座布団、などもろもろのいつもの彼女の匂いの付いたものがあったため、意外と新しい部屋にすぐなじんだ。

 最初はホラー映画のロケ地かと思った家も、愛鳥と愛猫とチベットの仏壇と大量の本が入ると、雰囲気がよくなった(てか押し入れが本の入った段ボールで一杯なので白塗りの子の居場所がないのも大きいw)。前向きになるため明るいことを言えば、この仮住まい、見晴らしがよく、窓からごろうサマの実家の小杉の夜景が見え、朝は富士山みえる。ごろうサマと花姫は知ってか知らないでか、ビル群を並んで見つめている。

 これから半年はとにかくここで我慢がんばらねばならない。そして半年後にはまた引っ越しだよ!

 もうやだ・・・・。
[ TB*0 | CO*8 ] page top
DATE: 2020/08/14(金)   CATEGORY: 未分類
オカメインコの里親募集(第一弾)
さすがわオカメインコ、瞬時に四羽とも里親がきまりました。ありがとうございます!

 合気道道場のオカメちゃんたちの続報です。まず最初70羽といっていたオカメちゃんたちは実際は58 羽くらいでした。道場の関係者、インコサークルの方の東奔西走により徐々に里親さんがきまり、行き先の決まらないオカメちゃんは現在24羽くらいだそうです。

 道場のオカメちゃんたちのうち、現在ボランティアさんの家庭でホームステイ中の四羽のオカメちゃんについてまずは里親さんを募集したいと思います。

 以下、四羽のプロフィールです。鳥の十戒がまもれる方、飼育経験のある方が申し出て下さると嬉しいです。
知り合いの方にも情報を拡散していだたけると助かります。ご協力よろしくお願いいたします。

A くん 里親さん決まりました!
Aくん
チャームポイント
・かわいい声
・かわいいお顔
・良く食べる
・活発
・きれい
・幼い。かなり若い。
・ちょっとムッチリ
・ぱちくりお目目
・男の子?
・気が向くと手から枝豆を食べてくれる
近日健康診断を受ける予定です。
暫定ニックネームジャイアンだそうです(笑)

Bちゃん 里親さん決まりました!
Bくん
チャームポイント
・じーっと見つめてくる
・おとなしい
・どちらかというとスリム体型
・怖がりだけど、実はとても優しい子
・きれい
・話しかけると、こちらを見て目を細めて「ピヨ」と返事してくれる
・ニックネームはしずかちゃん
・健康診断済み
・そのう、糞尿検査問題なしです

Cサマ(性別不明) 里親さん決まりました!
Cサマ性別?
チャームポイント
・鳴かない
・つぶらな瞳
・どうしたらいいのか常に考えている(頭がいい)
・アクティブ(天井歩き)
・嘴カキカキが好き(ケージに嘴をロック)
・指先から食べれる
・粟穂好き
・健康診断済み そのう糞尿問題なし 
・捕獲時、死んだフリをして見せるという芸達者さんです!

Dサマ(性別不明)里親さん決まりました!
Dサマ(性別不明)

チャームポイント
・たまに小さい声で呼び鳴き
・フーフー言う
・ビビりだけど、いろんなことに興味津々
・枝豆大好き
・粟穂に足をかけて食べる
・素直そう
・健康診断済み そのう、糞尿検査問題なし です
 
 この子たちは現在手乗りではありませんが、オカメちゃんはもともとなつっこい性格で、基本人を嫌っていないので、時間をかけていただければ、だんだんなれてくると思います。
 東京近郊にお住まいの方でオカメちゃんと暮らしてみたいという方、以下の連絡先までお問い合わせください。

聯絡先メアド: sasa3@dc5.so-net.ne.jp

関係者一同オカメちゃんの幸せを念じております。

問い合わせフォームはこちら
[ TB*0 | CO*11 ] page top
DATE: 2020/08/12(水)   CATEGORY: 未分類
[追悼]女戦士アマアデ
ラジオ・フリー・アジアがチベットの女戦士アマアデさんの死去を伝えた。享年88才であった。
117593443_10214987147226297_597798594663896911_n.jpg
 
2017年のラジオフリーアジアのインタビューによるとアマアデは以下のように自分の人生を語っていた。
「1950年4月26日、人民解放軍がチベットに侵攻し、私の人生はひっくりかえった。1956年、民主的改革を行うと称して中国が私の町ガンツェを締め付け始めた。夫は死に、私は中国軍と戦うカム(東チベット)の抵抗軍に入った。1958年10月16日、中国に逮捕された。抵抗軍への参加と他の女性たちをうながしてゲリラに食べものや物資を供給した罪である。当時300人の女性の囚人がいた。彼女らの大半は餓死した。私は27才だった。肉体的にも精神的にもきつい時代だった」
117393582_10214987147746310_8402417959032308584_n.jpg

 アマアデが逮捕された時期は毛沢東による大躍進政策により内地の経済が破綻しており、全土が飢えていた。チベットゲリラと人民解放軍の衝突も先鋭化しており、これが翌年1959年のダライラマ14世のインドへの脱出につながった。

「1979年に状況が改善し仮釈放された。1985年にはついに生まれた町にもどり家族と再会を果たした。私は27年ぶりに娘に会った。収容所にいれられた時、娘は生後数ヶ月だったので、最初は娘だとは分からなかった。息子は私が収容所に入ってまもなく死んでいた。1987年、私はインドへ亡命した。そしてダライラマ猊下とお会いしたいという夢を叶えた。

 二年後、アマアデはアメリカとドイツにわたりチベットにおける中国の苛政について証言した。そして1997年には自伝『チベットの女戦士アデ』が出版された。2001年、泉華炎さんがこの自伝に基づき『チベットの悲劇』という題名で漫画化している。

 人民解放軍の侵攻を記憶する世代はどんどん鬼籍に入っていく。彼等の記録は残っているので残された我々の仕事はこれをきっちり後世につないでいくことであろう。

 かつて中国がチベットに侵攻した時、アマアデが立ち上がり逮捕されたように、現在の香港でも「民主化の女神」として知られる周庭さんが逮捕された。六月末に国際社会の反対をおしきって成立した香港国家安全維持法に基づいてである。アマアデの時代とは異なり、中国共産党も多少は国際的な目をきにするようになっているので、国際的に注目されている周庭さんに拷問を加えたりはしないだろうが、起訴の可能性はあるようで心配である。

 本日保釈された周庭さんは日本のメディアに囲まれて、流ちょうな日本語でこう語っていた。
「今まで四回逮捕されたが、今回が一番怖かった。・・・・拘束されている時ずっと[欅坂46の]不協和音が頭の中にかかっていて、自分の家を守るためにも頑張らなければと決心しました」
といっていたので、あらためて欅坂を聞き返すと歌詞がまんま抵抗歌で泣けた。

「僕はyesとは言わない
首を縦に振らない
まわりの誰もが頷いたとしても」

「絶対沈黙しない
最後の最後まで抵抗し続ける」

「ここで同調しなきゃ裏切り者か
仲間からも撃たれるとは思わなかった」


 周庭氏と同日に香港の反政府系メディア『蘋果(林檎)日報』の創業者黎智英も逮捕された。この日、蘋果(林檎)日報の株価は爆上がりし、販売部数は八倍になった。みんなできることをやろうとしている。

 蔡英文総統がニュースで「香港人が街頭に並んで新聞を買い求め、多くの地域で売り切れになった。たとえ白い紙であっても買うという人々の思いを聞いて心が震えた」。といっているのを聞いて、こっちの心も震えた。

 何とかならんかあの独裁国家
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2020/08/01(土)   CATEGORY: 未分類
オカメ緊急事態宣言
 我が家の二羽のオカメインコ(若殿と花姫)の実家の合気道道場が緊急事態。
 道場主が7月27日急逝されたのである。もともと心臓がお悪く手術を予定していたところ、コロナ禍で当初の予定日が白紙になり、8月3日に再設定された矢先のことで合った。広い意味でのコロナの犠牲者の一人であろう。
202008summervacation.jpg

 この道場主の死去により若殿と花姫のお母さんとお父さんと兄弟と従兄弟ととはとこと伯父伯母が70羽が保護者を失った。もともとこのオカメインコたちは道場主の妻Sさんが世話していたものである。

 私がSさんと知り合ったのは2017年の7月、今から三年前のこと。武蔵小杉駅ホームを歩いているとオカメインコのさえずりが聞こえてきたので、みると線路から見える二階にたくさんのオカメインコが飛びかっている。

 その頃の私は先代の大殿ごろうをなくしたばかりのゲキウツ状態。大殿を心から愛していたので、できたら本人にもどってきてもらおうと思っていた。そのため数日後、この道場を訪ねて初対面のSさんに、「大殿がなくなった時に生まれたヒナがいないか」と伺うと、「三羽いる」と言われ、ひきとったのが、若殿ごろう(ノーマル)。その兄弟の花(ルチノー)、チョロ(ノーマル)である(ちょろは入院している間に肺炎になりなくなってしまった。可愛い子だった涙)。

 この時点では道場のオカメちゃんは60羽であった。Sさんはたっかいペレットをガンガン投入して溺愛していらしたが、この数は半端ではない。さすがに「他の方とかにお譲りしないのですか」とおそるおそる聞いてみると、

Sさん「欲しいっていう人がいると、まずは彼らにきいてみるんです。で、行きたいといったらお譲りするけど、オカメインコが行きたくないといったらあげません。最近はほとんど人にはあげてません」とのこと。

 ではなぜ私が若殿たちをいただけたのかというと、Sさんが
「あなたたち、この人でいい?」とオカメインコの群れに呼びかけると、彼らが「ぴよー!!!!」と答えたからである。また、ヒナに対面した時もヒナ(ごろう)が私の手によじのぼって羽繕いを始めたのをみて、いいと思ったそうである。

 その後、武蔵小杉を通るたびに、若殿と花のお母さんとお父さんとおじいさんとおばあさんと叔父さんとおばさんと兄弟と従兄弟ととはとこはどうしているのかと思いをはせていたが、去年九月に武蔵小杉が台風で冠水したあと、災害見舞いを口実に道場を再訪してみた。そこで衝撃の事実をしる。何とSさんが若殿と花姫を私にたくして一ヶ月するかしないかでガンで急逝していたのである。

 そういえば、若殿をいただく過程で何回かお会いした時も息が上がっていることはあったけど、なくなる直前だったとは。ドキドキしながら道場主に「では今オカメちゃんはどなたが世話されているんですか」と伺うと、道場主さん自身という。結構なお年である。実は後で聞くとお弟子さんたちも同じ不安を感じていたらしく「オカメインコを少しずつでもいろいろな方に譲渡しましょう」と勧めていたらしいのだが、Sさんがオカメの群れをわけたがらなかったことを考慮して、道場主もうんと言わなかったとのこと。その結果70羽になっていたのか・・・。

 九州から飛んできた道場主のお嬢さんに「お父様がなくなったばかりで、オカメちゃんの話ばかりしてごめんなさい」と私がいうと、「父と最後まで過ごしてくれたオカメちゃんたちに感謝しています。Sさんとの思い出があるので父はオカメちゃんたちが手放せなかったようです。生きているオカメちゃんが一番ですから」とおっしゃっており、隣近所もお弟子さんも協力してあたっているようなので、最悪の事態とはいえないが、うちの若殿のお父さんお母さん、兄弟、従姉妹はとこ叔父伯母が、よい里親さんのもとにつくまでは気は抜けない。

  情勢がはっきりしてきたらまた書きます。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2020/07/21(火)   CATEGORY: 未分類
20年夏チベット関連新刊
チベット・ファンの方が喜ぶ以下の四冊の新刊について紹介をしたい。

1. チベット亡命政権編著『チベットの主張』集広舎
2. 同 Missing For 25 years (『行方不明になって25年のパンチェンラマ』)
3. 星泉・海老原志穂・南太加・別所裕介著『チベット牧畜文化辞典』東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所
4. 平岡宏一著『男の子のやる気を引き出す 朝のことば』ビジネス社

 最初の二冊はダラムサラの亡命政権が出版したものを日本語訳したもの。ちなみに、ダライラマ法王日本代表事務所の代表ルントック氏が五月をもって退任され(詳細はこちら)、新しくアリヤさん(Tsewang Gyalpo Arya)が任命された。コロナの折まだ来日されていないが、日本語で発信するチベット・ニュースなどでお披露目をはじめている。
108417021_10214810103440313_4494828383756840689_o.jpg


 話をもとにもどす。

1.『チベットの主張』
110217245_10214810102640293_3492303922335633043_o.jpg

2008年以後のチベットの状況を事実に基づいてレポートしたもの。チベット人の焼身抗議や中国政府による遊牧民の定住促進により遊牧民の生業が損なわれていること、悪化する一方のチベット高原の環境破壊などの最新の情報が得られる。この本で初めてチベット問題を知った人のために過去の経緯についても簡単に触れられている。

2. Missing For 25 years
110174882_10214810103160306_3284608290856905975_o.jpg

2020年5月18日にアメリカのマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長官は18日、パンチェン・ラマの居場所を「直ちに」公表するよう中国に要求した。このことからマスコミもパンチェンラマって誰?と遅まきながら情報を蒐集しだした。パンチェンラマはダライラマの属するチベット仏教最大宗派ゲルク派第二位の高僧でダライラマ同様転生によってその座を継承している。25年前、ダライラマがゲンドゥチュキニマ少年をパンチェンラマ11世に認定したところ、数日後いづこともなく拉致されてしまった。
  状況からいって中国政府の拉致であろうとみな確信していたが、中国政府がそれをみとめたのは一年後。その後も死亡説がながれるたびに、中国政府は元気であると言い続けているが、もしパンチェンラマが死亡したと発表すれば12世が中国政府の手の届かないところで出現する可能性もあるため、そう言わざるを得ないこともあるので、中国発表の真偽は定かではない。

 本書はパンチェンラマ拉致に関する事実関係、国際的な支援などの全体象をしるのに適している。

3. チベット牧畜文化辞典』
110170729_10214810102720295_6310507385770307424_o.jpg

本書は東京外大教授星泉先生率いる研究チームが東北チベット(アムド)のツェコ県の遊牧民の家に滞在しながら蒐集した牧畜関連用語の集大成である。定住民なら牛・馬とまりの単語しかないところ、牧畜民には雌雄・年齢や身体状態によって様々な呼称がある。当然、日本語には対応する訳語がない場合が多いが、カラー写真がふんだんに使用されていることから文字で表現しただけではイメージがつかめないことでも、理解ができる。百聞は一見にしかずである。現在ものすごい早さで失われていっている牧畜文化である。このような記録が行われる意義ははかりしれない。


4.『男の子のやる気を引き出す 朝のことば』
115728642_10214810102560291_3729747566568052717_n.jpg

『秘密集会タントラ』をチベットの高僧ガワン先生に学んだ平岡宏一先生が、『秘密集会タントラ入門』を出版された際には即身成仏を目標とする密教界に歓呼の声があがったが、その難解さにみな頭を抱えた。しかし、今回の本はわかりやすい。自らが校長をつとめる清風学園の朝礼の席(何と毎朝行われるってんだからもう)のスピーチを摘出したものだからである。
 古今東西の各界のリーダーの逸話を俎上にのせ、そこから、利他の重要性を説き、さらにからっぽでは人を救うことはできないので、自らの心を高めていくことの重要性を語る本書は、大乗仏教の理想的人間像、菩薩になるための入門書といえよう。今日先生が上京してこられて数時間時間があることのことなので、ウラ話を伺いたいと思う。
[ TB*0 | CO*9 ] page top
Copyright © 白雪姫と七人の小坊主達. all rights reserved. ページの先頭へ